コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒクイナ Porzana fusca; ruddy-breasted crake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒクイナ
Porzana fusca; ruddy-breasted crake

ツル目クイナ科。全長 19~23cm。背面はほぼ一様な暗緑褐色で,額,顔,下面大部分はぶどう赤色,下腹に白い横縞がある。喉は白い。は黒く,脚は赤から赤褐色は全身黒い羽毛で覆われている。南アジアから東アジア東南アジアにかけての温帯から熱帯に広く分布し,北部で繁殖する鳥は熱帯の生息地に渡って越冬する。日本には夏鳥(→渡り鳥)として渡来し,各地の水田や湿地で繁殖する。特に西南日本に多い。草むらなどの中に巣をつくり,5~9卵を産む。雄は早朝と夕方に「きょ,きょ,きょ」としり上がりの調子でよく鳴き,このため,歌や俳句などに詠まれて親しまれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒクイナ

クイナ科の鳥。翼長11cm。後頭,背面は暗オリーブ褐色,腹面は赤褐色。アジア東・南部に分布し,日本には夏鳥として渡来するが,南西諸島では留鳥。アシ原などにすみ,草の間に営巣,5〜9卵を産む。
→関連項目クイナ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒクイナ
ひくいな / 緋秧鶏
ruddy crake
[学]Porzona fusca

鳥綱ツル目クイナ科の鳥。全長約23センチメートル。額および顔から下胸にかけてはくすんだ赤褐色で、頭上以下の背面とわきはオリーブ灰褐色である。腹はやや白い。雌雄は同色。嘴(くちばし)は黒褐色、足は赤い。インドから中国東部およびフィリピンにかけて分布する。日本には夏鳥として渡来し、全国の水田や湿地で繁殖する。つねに地上で生活し、湿地の草むらの間を歩いて雑草の種子や小形の昆虫類を食べている。飛ぶことはできるが、危急の場合以外は飛ばず、飛んでもすぐ地上に降りて草むらの間に隠れる。したがって、観察する機会は少ないが、珍しい鳥ではない。
 巣は湿地の草むらの中につくり、6月ごろ1腹約8個の卵を産む。夕方や夜間キョッ、キョッ、キョッと早口で鳴く。本種のこの声が、古来「クイナが門をたたく」といわれるものである。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒクイナの関連キーワード水鶏・秧鶏オオクイナ夏水鶏水鶏

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android