コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュッシュ ヒュッシュ Hüsch, Gerhard

4件 の用語解説(ヒュッシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュッシュ
ヒュッシュ
Hüsch, Gerhard

[生]1901.2.2. ハノーバー
[没]1984.11.21. レーゲンスブルク
ドイツバリトン歌手。ハノーバー音楽院で学んだのち,1925年ブレーメン国立歌劇場で『カルメン』のモラーレス役でデビュー。 27年ケルン国立歌劇場の歌手となる。オペラのみならずシューベルトをはじめドイツの歌曲の歌手としても高く評価されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒュッシュ

ドイツのバリトン歌手。生地ハノーファーで学び,ドイツ各地の歌劇場で活躍。ロンドンコベント・ガーデン王立歌劇場やバイロイト音楽祭にも出演し,B.ワルタートスカニーニらとの共演で名声を高めた。
→関連項目中山悌一

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュッシュ【Gerhard Hüsch】

1901‐84
ドイツのバリトン歌手。生地のハノーファーで音楽教育を受けた後,1923年オスナブリュックでデビュー。ケルン市立歌劇場,ベルリン国立歌劇場などで活躍。その間,30年および31年,バイロイト音楽祭で《タンホイザー》のウォルフラム役を歌う。38年ミュンヘン国立高等音楽学校教授となり,61‐62年,67‐68年にそれぞれ東京芸術大学および愛知県立芸術大学に招かれて教えた。柔らかく甘い声質をもち,とくにシューベルトやシューマンリートにおいては規範的演奏を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒュッシュ
ひゅっしゅ
Gerhard Hsch
(1901―1984)

ドイツのバリトン歌手。生地ハノーバーで学び、1923年にデビュー。ブレーメン、ケルンの各歌劇場を経て、30~42年ベルリン国立歌劇場の中心的バリトン歌手として活躍。30年にはトスカニーニの指揮でバイロイト音楽祭に出演、またロンドン、ミラノウィーンなどヨーロッパの主要歌劇場でも歌った。32年にドイツ歌曲による最初のリサイタルを開催、以後歌曲解釈の研究を続け、この分野でも名声を博した。初来日は52年(昭和27)。教育者としても優れ、ミュンヘンでおもに教えたが、61~63年東京芸大の教授を務めるなど、日本でも幅広く教育活動を行った。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒュッシュの関連キーワードウィンザー家ハノーバーノーファーストユーズハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団ファーファファーファ Spaハノーファー王国ハノーファー家ハノーファーシュ・ミュンデン丘サーファー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone