コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュッシュ ヒュッシュHüsch, Gerhard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュッシュ
Hüsch, Gerhard

[生]1901.2.2. ハノーバー
[没]1984.11.21. レーゲンスブルク
ドイツのバリトン歌手。ハノーバー音楽院で学んだのち,1925年ブレーメン国立歌劇場で『カルメン』のモラーレス役でデビュー。 27年ケルン国立歌劇場の歌手となる。オペラのみならずシューベルトをはじめドイツの歌曲の歌手としても高く評価されている。 31年 A.トスカニーニに招かれて,バイロイトで『タンホイザー』のウォルフラムを歌う。 38年ミュンヘン音楽大学教授,61~63年東京芸術大学講師。 68~72年愛知県立芸術大学客員教授として日本の後進を育てた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュッシュ【Gerhard Hüsch】

1901‐84
ドイツのバリトン歌手。生地のハノーファーで音楽教育を受けた後,1923年オスナブリュックでデビュー。ケルン市立歌劇場,ベルリン国立歌劇場などで活躍。その間,30年および31年,バイロイト音楽祭で《タンホイザー》のウォルフラム役を歌う。38年ミュンヘン国立高等音楽学校教授となり,61‐62年,67‐68年にそれぞれ東京芸術大学および愛知県立芸術大学に招かれて教えた。柔らかく甘い声質をもち,とくにシューベルトやシューマンリートにおいては規範的演奏を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒュッシュ
ひゅっしゅ
Gerhard Hsch
(1901―1984)

ドイツのバリトン歌手。生地ハノーバーで学び、1923年にデビュー。ブレーメン、ケルンの各歌劇場を経て、30~42年ベルリン国立歌劇場の中心的バリトン歌手として活躍。30年にはトスカニーニの指揮でバイロイト音楽祭に出演、またロンドン、ミラノ、ウィーンなどヨーロッパの主要歌劇場でも歌った。32年にドイツ歌曲による最初のリサイタルを開催、以後歌曲解釈の研究を続け、この分野でも名声を博した。初来日は52年(昭和27)。教育者としても優れ、ミュンヘンでおもに教えたが、61~63年東京芸大の教授を務めるなど、日本でも幅広く教育活動を行った。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒュッシュの関連キーワード中山 悌一2月2日冬の旅

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android