ビダル・ド・ラ・ブラーシュ(読み)ビダルドラブラーシュ

百科事典マイペディアの解説

ビダル・ド・ラ・ブラーシュ

フランスの地理学者。パリ大学教授。ラッツェルの環境論的見解に対立し,人文地理学における人間の能動性を強調,人間と自然との交渉とそれに基づく地域的統一,歴史的発展に即した考察を強調,多くの論文,地誌研究を残した。没後マルトンヌらによって完成された《人文地理学原理》《世界地誌》が著名。
→関連項目歴史地理学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android