コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビュリダン Buridan, Jean

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュリダン
Buridan, Jean

[生]1300. ベテューヌ?
[没]1358
フランスの哲学者。ラテン名は Joannes Buridanus。 1328年および 40年パリ大学学長をつとめた。穏健な唯名論者で,40年極端なオッカム主義の断罪に寄与した。物体はまわりの空気によって動かされるというアリストテレス説に反対して,躍動 impetusという力学的概念を導入して近代的な力および慣性の概念を準備し,近代力学への道を開いた。自由意志についてはより大なる対象の善によって規定されるという精神的決定論を唱え,「2つの等価の食物の間に置かれた犬は,等価であるのでどちらにも決定できず餓死する」といったとされ,これが後世誤って「ビュリダンのロバ」として伝えられている。しかしこの比喩は彼の著作には見出されない。主著には,"Summa de dialectica" (1487) ,"Compendium logicae" (89) などアリストテレス注解書が多数あるが,唯名論的傾向のために,一時禁書となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビュリダン(Jean Buridan)

[1300ころ~1358ころ]フランスのスコラ哲学者。パリ大学総長。オッカムの弟子で、アリストテレスについての講義録を多数残した。力学においてインペトゥス理論を構想し、後世に大きな影響を与えた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ビュリダン

14世紀前半に活動したフランスのスコラ学者。生没年不詳。パリ大学に学び,のち同大学総長。アリストテレス著作の注解を行いつつ,その投射運動論にインペトゥス概念を導入するなど,力学の発展に寄与した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビュリダン【Jean Buridan】

フランスのスコラ学者。生没年不詳。1300年ころピカルディー地方の小さな町ベチューンに生まれ,パリ大学で学んだ。その後1320年ころからその学芸学部の教師となり,28年と40年の2度にわたって学長に選ばれた。生涯を通して学芸学部で活躍し,アリストテレスのほとんどすべての著作について〈注解〉や〈問題集〉を著したが,神学にはほとんど関心を示すことはなかった。オッカムの提唱した唯名論の立場を批判的に継承・発展させ,主として自然哲学の分野で優れた研究を行うとともに,ニコル・オレームザクセンアルベルトのような逸材を育成して,パリ学派と呼ばれる学統の創始者となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ビュリダン【Jean Buridan】

1300以前~1358以後) フランスのスコラ哲学者。パリ大学学長。オッカムの影響下にその論理学体系を発展させた。弟子にオレムらがいる。自然学においては近代的な力および惰性の概念(インペトゥスの概念)を準備して、近世力学思想の形成に大きな影響を与えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビュリダン
びゅりだん
Jean Buridan
(1295ころ―1358以後)

フランス中世の哲学者、科学者。パ・ド・カレー県ベチュンの生まれ。パリ大学で学び、やがてその教授として成功し、学長にもなった。オッカムの影響を受けたと思われる唯名論的主張もあるが、基本的にはパリ大学の論理学の流れにたって、これを発展させ「私はいま嘘(うそ)をついている」といった自己言及のパラドックスの分析を行い、また演繹(えんえき)法則の公理論的導出を初めて試みた。自然学に関してはアリストテレスの見解に反対して「突進力」impetusの理論を提唱した。これは近代の慣性法則などに先だつもので、投げ出された物体が飛び続けるのは、物体に、速度と物体の量に比例した強さの突進力が与えられたためであり、この力は空気抵抗と物体の重さによって徐々に減少するとされる。[清水哲郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のビュリダンの言及

【中世科学】より

…それは1277年のパリの司教タンピエÉtienne Tempierの異端断罪に端を発し,アリストテレスの学説が批判されると,イギリスではブラドワディーンを中心にダンブルトンのジョンJohn of DumbletonやスワインズヘッドRichard Swinesheadらが,アリストテレス運動論の数学的難点を指摘し,この克服のために新たな数学的定式化を試み,そのなかには,ガリレイの〈落体の法則〉を先取りするものも現れた。大陸ではビュリダンを中心に,ニコル・オレーム,ザクセンのアルベルト,インヘンのマルシリウスMarsiliusらが,アリストテレス運動論の自然学的難点に注目し,あらためて〈インペトゥス理論〉を発展させ,〈運動量〉の概念,〈慣性〉の法則,〈等加速運動〉の幾何学的定式化などに向かった。こうした中世末期の運動論は,フランスの科学史家デュエムらにより〈近代科学〉のはじまりであると主張され,学界の注目を集めた。…

※「ビュリダン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビュリダンの関連キーワードビュリダンの驢馬アルベルツス論理学体系自然学物体

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android