コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーコ Giambattista Vico

百科事典マイペディアの解説

ビーコ

イタリアの歴史哲学者,法学者。ナポリ大学修辞学教授。デカルト主義全盛の当時にあって,〈真なるものは作られたもの〉とする独創的認識論のもと,漸新な学問論,歴史哲学を提唱するとともに,自然法思想の発展にも寄与した。
→関連項目社会科学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビーコ【Giambattista Vico】

1668‐1744
イタリアの哲学者。貧しい本屋の三男としてナポリに生まれ,半ば独学で勉強をつづけて,1694年ナポリ大学で法学の学位を受け,99年から同大学で修辞学を教え続けた。生涯経済的にも名声の点でも恵まれなかったが,独創的な研究を残した。彼の初期の著述としては,《今日の研究法について》(1709)と,《イタリア最古の知恵》(1710)がある。当時はデカルトの勢力が圧倒的で,ナポリも例外ではなかった。ビーコもその影響を強く受けたが,やがて反旗を翻す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ビーコ【Giambattista Vico】

1668~1744) イタリアの哲学者。自然学優先のデカルトに反対し、人間は自分の作り出したものをこそ知りうると、歴史や社会制度に高い地位を与えた。主著「新しい学」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のビーコの言及

【メッツォジョルノ】より

… 一方,17世紀後半に,デカルトの合理主義思想とガリレイの科学的探究の精神が結びついた形でナポリにもたらされると,新たに形成されつつあった市民層は,教会と世俗権力との結びつきを嫌って,これを受け入れた。この傾向をまっこうから批判したのが,G.ビーコである。彼は,歴史を神々の時代,英雄の時代,人間の時代に分け,それぞれが原始的感覚,詩的想像力,人間的理性に対応しつつ永遠に回帰する,と主張した。…

※「ビーコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビーコの関連キーワードベアトリーチェ[エステ家]道路交通情報通信システムマサチューセッツ州庁舎大分県別府市山の手町デンセイ・ラムダグローバルタワーロンダカノンタフ光学式車両感知器カスティリオーネカンブリア山地ラジオビーコンラジオコンパス全方向無線標識ミドルマーカーヤングコーン12月18日南極横断山地計器着陸装置P. ロッシランドルフィ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビーコの関連情報