フィリップス(読み)ふぃりっぷす(英語表記)David Graham Phillips

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィリップス(David Graham Phillips)
ふぃりっぷす
David Graham Phillips
(1867―1911)

アメリカの小説家。プリンストン大学卒業。ジャーナリストとして活動後、異常者に殺されるまでの10年間に23冊の小説を書いた。20世紀初頭に、大統領T・ルーズベルトが主唱しておこったマックレーキング(社会悪暴露)運動に投じた作家の一人で、政財界の腐敗、婦人問題に取材した、『偉大なる神の成功』(1901)、『洪水』(1905)、『二代目』(1907)、『スーザン・リノックス』(1917)などの問題作がある。[稲澤秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィリップスの関連情報