コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェリシアン化カリウム フェリシアンカカリウム

デジタル大辞泉の解説

フェリシアンか‐カリウム〔‐クワ‐〕【フェリシアン化カリウム】

ferricyanide》ヘキサシアノ鉄(Ⅲ)酸カリウムの異称。フェロシアン化カリウムを酸化して得られる赤色の結晶。有毒。酸化剤、分析試薬、青写真の感光剤などに使用。化学式K3[Fe(CN)6] 赤色血滷塩(けつろえん)。赤血塩

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フェリシアン化カリウム【フェリシアンかカリウム】

正式にはヘキサシアノ鉄(III)酸カリウムK3[Fe(CN)6]。赤血塩,赤血カリとも。比重1.878。暗赤色結晶。水によく溶け,フェロシアン化カリウムより不安定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェリシアン化カリウム
フェリシアンかカリウム

ヘキサシアノ鉄(III)酸カリウム」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェリシアン化カリウム
ふぇりしあんかかりうむ
potassium ferricyanide

赤血塩ともいう。ヘキサシアノ鉄()酸カリウムが正しい名称である。1822年ドイツのL・グメーリンによって初めてつくられた。フェロシアン化カリウム(黄血塩)を塩素、過マンガン酸カリウムなどの強力な酸化剤で酸化するか、電解酸化すると得られる。たとえば、
  2K4[Fe(CN)6]+Cl2
  ―→2K3[Fe(CN)6]+2KCl
 結晶はニクロム酸カリウムに似た赤色であるが、粉末になると黄色を呈し、水溶液も黄色である。水、アセトンには溶けるが、エタノール(エチルアルコール)にはほとんど溶けない。含まれる錯イオン[Fe(CN)63-が不対電子を有するために常磁性を示す。太陽光に当たると分解をおこすので、フェロシアン化カリウムより不安定で、水溶液中では加水分解して遊離のシアン化物イオンCN-を生じ有毒である。アルカリ性溶液において強い酸化剤として働く。鉄()塩によって青色の沈殿(タンブルー青)を生ずる。青写真の感光剤、インジゴの染色の際の酸化剤、鉄、銅、亜鉛、銀の定性分析などに使用される。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフェリシアン化カリウムの言及

【シアノ鉄錯塩】より


[ヘキサシアノ鉄(III)酸カリウム]
 化学式はK3[Fe(CN)6]。俗称フェリシアン化カリウム,赤血塩,赤血カリなど。1822年グメリンLeopold Gmelin(1788‐1853)により初めてつくられた。…

※「フェリシアン化カリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェリシアン化カリウムの関連キーワードフェリシアン化カリウム(データノート)ヘキサシアノ鉄酸カリウムフェリシアン化カリウムターンブルブルーアゾトメトリーチオクロームイオン結晶グメーリングメリン紺青錯塩