コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルマント formant

翻訳|formant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルマント
formant

音響的にある音の音色を特徴づけ,音色の異なる他の音から区別させる周波数成分,またはその集り。音声などの各周波数帯における強さの分布として表わす。一般に有声音は,75~300サイクルの基本周波数 (基本音,基本波) と無数の高調波 (倍音) に分析されるが,声道の共鳴のために特定の成分だけが強められ,特有の言語音として聞える。音声スペクトログラフにかけるとその共鳴部分が濃い縞紋様として現れる。それを低いものから順に第1フォルマント,第2フォルマント…と呼ぶ。母音の聞き分けには特に第1,第2フォルマントが重要な役割を果している。なお,フォルマントは声のピッチ (高さ) とは独立に,それぞれの音 (特に母音) に一定しているものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フォルマント(formant)

音声のスペクトル分析において、ある音声を特徴づける特定の周波数領域。周波数の低い順から第1フォルマント、第2フォルマントと名付けられ、音のエネルギーが集中する。音韻の区別に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フォルマント

母音は声帯の振動によってできる基本周波数(75〜300Hz)と,その高調波(倍音)の集合からなりたつ音で,調音の過程で高調波中のある特定の周波数域にあるものだけが,特に強められて外部に放射される。
→関連項目音声合成音声タイプライターボコーダー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォルマント【formant】

声道(声門から上の咽頭,口腔,鼻腔を含む部分)内の空気の共鳴周波数に対応する倍音群。母音や鼻音流音は舌や顎を移動させて声道の形を変えることにより独自の共鳴室をつくる。こうした共鳴室に応じて母音は三つの固有の倍音すなわちフォルマントをもつ。音声分析装置ソナグラフにより図示されたソナグラムには,周波数の縦軸に沿って3本の濃い線が現れる。これを下から第1,第2,第3フォルマントと呼ぶ。重要なのは第1フォルマント(F1)と第2フォルマント(F2)であって,これらが母音の音質を決定する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フォルマント【formant】

スペクトログラムに記録された共振成分のピーク群。母音の音質は、低次の第一フォルマントと第二フォルマントとの相対的な距離によって決まる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のフォルマントの言及

【音声学】より

…このような声帯振動の早さによる音の高さのほかに母音は2種類の固有の高さをもっている。音声をスペクトログラフ(ソナグラフ)にかけると,これらの高さは横縞となってフィルム(スペクトログラム)に写し出されるが,この縞をフォルマント(略称F)と呼ぶ(図11参照)。そして周波数の低いものから順次,第1,第2,第3フォルマントと名づける。…

【ソナグラフ】より

…図面に4本の横縞が浮き出ているが,これらはそれぞれの周波数で示された付近にその音の特徴をなす強さ,すなわち高い振幅が生じていることを意味する。下から第1,第2,第3,第4フォルマントと名づけられ,重要なのは第1フォルマント(F1)と第2フォルマント(F2)である。前半の[a]では,710Hzと1100Hzあたりに,後半の[]では,400Hzと1900Hzにフォルマントが位置している。…

※「フォルマント」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フォルマントの関連キーワードスペクトログラムスペクトル分析音響音声学音声学F2F1声紋

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android