フリクテン(英語表記)phlycten

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリクテン
phlycten

アレルギーによる結膜角膜の小発疹。多くは角膜縁に近い球結膜に充血を伴う小円形の白色結節を生じ,潰瘍となる。従来は腺病質の小児や思春期の女子に多かったが,最近はむしろ壮年期の女性に発症者がふえる傾向にある。原因は細菌に対するアレルギー反応と推定される。治療にはステロイド点眼,場合によっては抗生物質を併用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

フリクテン

俗に星目(ほしめ)とも。角膜結膜の発疹で,アワ粒大の灰白色の結節をつくる。アレルギー反応が原因と考えられている。症状は充血,まぶしさ,流涙など。角膜に生じるものは一般に症状が重く,白濁を残し視力障害をもたらすことが多い。いわゆる腺病質の小児や思春期の女性に多い。治療はステロイドホルモンの点眼など。
→関連項目角膜潰瘍結膜炎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

フリクテン【phlyctaena】

〔水疱の意〕
主として目の角膜や結膜に発生する粟あわ粒大の水疱様結節。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリクテン
ふりくてん
phlyctena英語
Phlyktneドイツ語

結膜や角膜にできる白色で境界の鮮明な小隆起をいい、しばしば中央が潰瘍(かいよう)となる。結膜に生じたものを結膜フリクテンといい、周囲に充血を伴うが、症状は異物感がある程度で、それも強くない。角膜にできると角膜フリクテンとよび、痛み、まぶしさ(羞明(しゅうめい))など刺激が強い。角膜中に血管が侵入すること(パンヌス)がある。原因は、細菌の菌体成分を抗原とした遅発型アレルギーとされており、かつては結核と関係した例が多かった。腺(せん)病質の小児によくみられ、また顔面湿疹(しっしん)に合併することもある。副腎(ふくじん)皮質ステロイドホルモンの点眼が効く。俗に「目星(めぼし)」または「星目(ほしめ)」とよばれる。[内田幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフリクテンの言及

【角膜】より

…現在みられるのは,角膜上皮,角膜実質にできた瘢痕(はんこん)や血管新生による混濁である。フリクテンphlyctenは俗に星目ともいわれ,角膜輪部に小結節をつくり,潰瘍化して瘢痕を残して治癒する病気で,角膜や結膜に斑点ができる。結核アレルギーと考えられている。…

※「フリクテン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android