コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブデンブローク家の人びと ブデンブロークけのひとびと

百科事典マイペディアの解説

ブデンブローク家の人びと【ブデンブロークけのひとびと】

T.マン作の長編。《Buddenbrooks》。1901年刊。彼の出世作となった。リューベックの穀物商ブデンブローク家の初代から4代に至る歴史を描き,初代のたくましい生活力が,3代目トマスでは精神や芸術への関心に席を譲り,音楽にしか興味をもたぬハノー少年の死まで,一家族の没落の過程を克明に写す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブデンブロークけのひとびと【ブデンブローク家の人びと Buddenbrooks】

1901年に刊行されたトーマス・マンの最初の長編小説。北ドイツのハンザ同盟都市リューベック指折りの豪商で父は市参事会員という有力者の家に生まれた作者は,出版社主S.フィッシャーのすすめをうけて自身の一族をモデルにこの作品を完成したが,20代前半の作者の手になるとは思えない完成度を示し,この作品を対象に1929年のノーベル賞が授与されている。1830年代から80年代にかけてのリューベックを中心舞台に,素封家四代の当主を軸として〈一家族の没落〉(副題)が描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android