糊塗(読み)こと

精選版 日本国語大辞典「糊塗」の解説

こ‐と【糊塗】

〘名〙 (「」はぼんやりしたさまをいう) 曖昧(あいまい)にその場を取りつくろっておくこと。一時しのぎにごまかすこと。鶻突(こっとつ)。〔哲学字彙(1881)〕
※あめりか物語(1908)〈永井荷風〉岡の上「今日まで巧に世間の耳目を糊塗(コト)して居たのです」 〔宋史‐呂伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「糊塗」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「糊塗」の解説

【糊塗】こと

ごまかす。〔宋史、呂端伝〕太宗、端をにせんと欲す。或いは曰く、端、人と爲り糊塗すと。太宗曰く、端は小事は糊塗するも、大事は糊塗せずと。を決して之れを相とす。

字通「糊」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android