ブルックナー(Karl Bruckner)(読み)ぶるっくなー(英語表記)Karl Bruckner

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブルックナー(Karl Bruckner)
ぶるっくなー
Karl Bruckner
(1906―1982)

オーストリアの児童文学作家。28歳でブラジルに渡るが、2年後に帰国。メキシコ革命に材をとった『メキシコの嵐(あらし)』(1949)、家出少年の物語『ナポリ浮浪児』(1955)、ツタンカーメン王の墓の発掘を描いた『黄金ファラオ』(1957)、広島への原爆投下を扱った『サダコは生きる』(1961)など、人道主義的な立場から戦争、貧困、暴力、無知など、子供の幸福を妨げる悪を、強く興味をかきたてる物語によって批判し続けた。ほかに、イタリアの家出少年を描いた『ジーノのあした』(1955)などがある。

神宮輝夫

『北条元一訳『メキシコの嵐』(1958・岩波書店)』『片岡啓治訳『サダコは生きる』(1964・学習研究社)』『塩谷太郎訳『ロボット・スパイ戦争』(1972・あかね書房)』『北条元一訳『黄金のファラオ』(1973・岩波書店)』『山口四郎訳『ジーノのあした』(1990・福武書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android