コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブロケード brocade

翻訳|brocade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブロケード
brocade

多彩な模様を浮織にした紋織物の総称。語源はラテン語の brocare (模様で飾るの意) 。本来は緯二重織組織で,数種の色糸金銀糸を用いた豪華な厚地絹織物。日本古来のがこれにあたる。現在は一重ジャカード紋織が多く,繊維も類似した各種繊維が使われている。用途はイブニングドレス,その他の礼装,パーティ用婦人服地,室内装飾用布,テーブル掛け,カーテンなど。錦,糸錦,唐織厚板金襴 (らん) ,銀襴,繻珍 (しゅちん) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ブロケード(brocade)

色糸や金・銀糸を多彩に使った絹・レーヨンなどの紋織物。日本の緞子(どんす)・金襴(きんらん)などに相当する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ブロケード

色糸や金銀糸で浮出し模様を表した織物。おもに絹だが綿化繊合繊もある。多くはジャカード機で織るが,手工芸的な綿,緞子(どんす),刺繍(ししゅう)によるものなども含まれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブロケード【brocade】

畝織(うねおり)か経繻子(たてしゆす)地に,2色以上の緯の浮文様を織り出した絹織物の総称で,繻珍(しゆちん)などに類するものである。この種の織物では,1種の経糸と2種の緯糸を用い,うち1種の緯糸は文部では表に浮いて文様を表し,地部では地緯となって経糸と地組織を作っている。また他の1種の緯糸は緯の浮文の下で経糸と緯畝織を作り,地部では前の緯糸と同様,経糸と地組織を作っている。2種の緯糸は文部で同じ杼口(ひぐち)に入って文様の一部を構成することが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ブロケード【brocade】

綾地あやじまたは繻子地しゆすじに金糸・銀糸などで浮織模様を表した絹織物。日本の錦にしき・金襴きんらんに当たる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブロケード
ぶろけーど
brocade

平織・綾(あや)織、または朱子(しゅす)織の地に、多彩色の絵緯(えぬき)、ときには金銀糸を使い、豪華な草花や風景などの模様を織り出した絹織物、あるいは類似した化合繊の織物の総称。ブロケードの地の組織と模様の組織方法に多くの種類があり、限定した組織をさしていないのは、通称名として使われているためである。用途は、ドレス、スーツ、室内装飾など。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のブロケードの言及

【イスラム美術】より

…イスラム時代になってもこれらの技術が受け継がれたが,11~12世紀ころには,風通(二重織)が見られるようになった。織物の最盛期はサファビー朝(1501‐1736)で,この時期には部分的に色緯糸を使って浮き文様を織り出すブロケードや,深紅色や金銀糸を駆使したビロードなどの紋織物の技術が完成した。 イランではイスラム初期には,円文のなかで向かい合う対称形の動物文を配すササン朝以来の文様構成の織物を織っていた。…

【縫取織】より

…また現代でもインドネシアの島々では,素朴ないざり機(地機)による平織地の種々の縫取織がつくられている。一方,ヨーロッパで〈ブロケード〉と称される紋織物は,ほとんどが縫取織によるものをさし,材質,地合にかかわらず各種のものがつくられている。日本ではこの技法による精巧な絹の紋織物に,唐織厚板,縫紗,二倍(ふたえ)織物などがある。…

※「ブロケード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブロケードの関連キーワードウェディング・ドレスジャカード織イスラム工芸キルティングネグリジェサラファン金糸綾地

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android