プロ

精選版 日本国語大辞典「プロ」の解説

プロ

〘名〙
① 「プロスチチュート」の略。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「処が床へ回ってから、プロ〔娼妓〕と僕とさしむかひになると」
② 「プロレタリア」、または「プロレタリアート」の略。
※生物学と産児制限(1926)〈山本宣治〉「プロが搾取されてブルの肥る有様にさも似たりである」
③ 「プログラム」の略。〔モダン語辞典(1930)〕
④ 「プロセント」の略。
※アパアトの女たちと僕と(1928)〈龍胆寺雄〉七「分量は些とでもいいから、十プロぐらゐにしてくれないか」
⑤ 「プロダクション」の略。〔モダン辞典(1930)〕
⑥ 「プロパガンダ」の略。〔モダン辞典(1930)〕
⑦ 「プロマイド」の略。〔モダン辞典(1930)〕
⑧ (「プロフェッショナル」の略から) あるものごとを、生計の手段として行なう人。自分の職業であるとの強い自覚をもって、それにうちこむ人。くろうと。⇔アマ
※スポーツ讚(1949)〈佐々木基一〉「その頃すでにプロに転じていたチルデンは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「プロ」の解説

プロ

《「プロフェッショナル」の略》ある物事を職業として行い、それで生計を立てている人。本職。くろうと。「その道のプロ」「プロ顔負けの腕前」「プロゴルファー」⇔アマ
プログラム」「プロダクション」「プロレタリア」「プロパガンダ」などの略。
[類語](1専門家スペシャリスト玄人本職・熟練者・エキスパートゼネラリストセミプロプロフェッショナルたくみ名人達人達者名手巨星巨匠名匠名工大家たいか権威腕利き腕扱き腕達者第一人者仕事師遣り手敏腕素人しろうと離れ玄人くろうとはだし神業かみわざベテランオーソリティーソムリエスキルドワーカーマイスタープロパー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android