コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルツシュプルング=ラッセル図 ヘルツシュプルングラッセルず

百科事典マイペディアの解説

ヘルツシュプルング=ラッセル図【ヘルツシュプルングラッセルず】

HR図とも。横軸に恒星の表面温度を表すスペクトル型縦軸絶対等級をとって,その上に各恒星をプロットした図表。左上から右下へ対角線状に主系列星,絶対等級0等付近に水平に巨星,左下に白色矮星(わいせい)等が分布する。
→関連項目恒星種族(恒星)超巨星ヘルツシュプルングラッセル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヘルツシュプルングラッセルず【ヘルツシュプルング=ラッセル図 Hertzsprung‐Russell diagram】

横軸に星のスペクトル型,縦軸に星の絶対等級をとった図表。略してHR図ともいう。E.ヘルツシュプルングが1911年にプレヤデス,ヒヤデス両星団の星の色指数を横軸,見かけの等級を縦軸に示す図を作り,H.N.ラッセルが13年に当時ようやく得られた数十の星の視差に基づく絶対等級を縦軸にとる図を作った。これがこの図表の始まりで,2人の名にちなんで呼ばれるようになった。横軸を色指数とする色・光度図もHR図の代用となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヘルツシュプルング=ラッセル図の言及

【恒星】より

…ただし,質量のあまり大きくない星ではこの主系列前の巨星または亜巨星の時期があり,おうし座T型星はこれに相当する。恒星の大部分は主系列星であり,後出のヘルツシュプルング=ラッセル図(HR図)上に列をなして分布するのでこの名がある。主系列星は太陽と同じく中心部で水素をヘリウムに転換する熱核反応によってエネルギーを供給している恒星である。…

【星団】より

…星団の恒星はほぼ同じ距離にあるので,恒星の絶対光度を直接相互に高い精度で比較できる。 ヘルツシュプルング=ラッセル図(HR図)は恒星の進化のようすをあとづけて個々の恒星の質量を知り,星団の年齢を知るための手がかりを与えてくれる。HR図とは,横軸に恒星の表面温度または色またはスペクトル型をとり,縦軸に恒星の絶対光度をとった図である。…

※「ヘルツシュプルング=ラッセル図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヘルツシュプルング=ラッセル図の関連キーワードヘンリー・N. ラッセルスペクトル型(天文)種族(恒星)恒星天文学光度階級準巨星特異星

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android