コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘルマン[ザルツァ] ヘルマンザルツァ Hermann von Salza

1件 の用語解説(ヘルマン[ザルツァ]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘルマン[ザルツァ]
ヘルマンザルツァ
Hermann von Salza

[生]1170頃.チューリンゲン,ザルツァ城
[没]1239.3.20. サレルノ
ドイツ騎士団の事実上の創設者。 1210年にドイツ騎士団長に選ばれ,熱心に東欧の布教活動に従事。神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の信任も厚く,同帝に従って十字軍にもおもむいた。 28年以来ポーランド貴族の要請でプロシア人キリスト教化にあたり,その褒賞としてクルム地方を与えられ,31年以後先住プロシア人征服に乗出して領土を拡大,多くのドイツ人農民を入植させて,バルト海沿岸に広大な騎士団国家を建設した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヘルマン[ザルツァ]の関連キーワードチューリンゲンチューリンゲンバルトチューリンガーチューリンゲン族チューリンゲンのエリーザベトチューリンゲン部族法典ヘルマン(チューリンゲンの)ルートウィヒ[2世](チューリンゲン方伯)ルートウィヒ[3世](チューリンゲン方伯)ルートウィヒ[4世](チューリンゲン方伯)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone