ベスト(英語表記)Best, Charles Herbert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベスト
Best, Charles Herbert

[生]1899.2.27. ウェストペンブローク
[没]1978.3.31. トロント
カナダの生理学者。 1925年トロント大学卒業。在学中の 21年に F.バンティングの実験助手となり,イヌの膵臓からインスリンを抽出することに成功した。このほか,ビタミンB複合体のコリンや酵素のヒスタミナーゼを発見。血栓症の治療に抗凝固剤の使用を提唱した最初の人でもある。 29~65年,トロント大学の生理学主任教授。 41~67年,バンティング=ベスト医学研究所所長。主著『臨床医学の生理学的基礎知識』 The Physiological Basis of Medical Practice (1937) 。

ベスト

チョッキ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ベスト(best)

最上。最良。最優秀。また、そのもの。「新製品の中ではこれがベストだ」「自己ベストの記録」
最善。全力。「ベストを尽くして戦う」

ベスト(vest)

袖のない短い胴着。チョッキ。
ベスト判」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベスト

上衣とシャツの中間に着る袖(そで)のない胴衣ウエストコートとも。燕尾(えんび)服には白,タキシードには黒,背広三つ揃いでは前面を共地で作ったチョッキを着用するが,形はシングル,ダブル,衿(えり)なし,衿つきとさまざまである。日本語ではチョッキとも呼ばれたが,最近ではこの言葉はあまり使われない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベスト【vest】

丈の短い袖無しの胴衣で,日本ではチョッキともいう。ベストはアメリカでの名称であり,イギリスではウエストコートwaistcoatと呼ぶ。ベストの起源は16世紀にまでさかのぼるが,現代のベストに形態的に直接つながるのは,19世紀の初期からイギリスの郵便配達夫御者が防寒のために着た紡毛地のポストボーイ・ウエストコートとされている。代表的なベストはスーツ・ベストといわれる三つ揃いの背広のベストで,シングル型,ダブル型,衿なし型,衿つき型などとデザインの種類は非常に多く,古い時代のものほどその形態が多様である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ベスト【best】

最も優れたもの。一番よいもの。最上。
最善。全力。 「 -を尽くす」

ベスト【vest】

チョッキ。胴着。
「ベスト判」の略。

ベスト【Charles Herbert Best】

1899~1978) カナダの医学者。バンティングとともにインシュリンの抽出に成功。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ベスト

〘名〙 (best) 最もすぐれたもの。一番よいもの。最良。最上最善。他の外来語の上に付けても用いる。「ベストテン」「ベストメンバー」など。
田舎教師(1909)〈田山花袋〉九「何うせ自分のベストを尽すより外に仕方がないのである」

ベスト

〘名〙 (vest)⸨ヴェスト⸩
① チョッキ。胴衣。
※紐育(1914)〈原田棟一郎〉ウォール・ストリート「石段の上にはガウンに長ヴェストの華盛頓(ワシントン)が右手を延ばして大統領の宣誓をして居る銅像が立って居るが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のベストの言及

【チョッキ】より

…袖がなく丈の短い胴衣で,セビロ(背広),ワイシャツなどと同じように日本独自の疑似外来語の服飾用語。英語のベストと同じ意味で使われる。背広のチョッキ,毛糸のチョッキなどというように用いられ,明治以来ごく一般的な用語だったが,1960年代から70年代にかけてほとんど一般的には使われなくなり,それに代わってベストという呼び方がごく普通になった。…

※「ベスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベストの関連情報