コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベネフィキウム beneficium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベネフィキウム
beneficium

恩貸地制度」と訳される。ヨーロッパ封建制度において封建君主が家臣に封土 (土地) を授与する制度。ベネフィキウムは恩恵を意味する言葉で,当初は,封建君主が金銭,用益権,土地などを聖職者,婦人,不自由民などに貸与する形式を示す言葉として使われたが,次第に家臣の騎兵に土地を貸与する意味となった。土地の貸与を受けた騎兵は軍事的義務だけを負えばよかった。カロリング朝初期から土地を騎兵に貸与することが頻繁に行われるようになり,王領とともに収公した教会領 (のちに教会から土地を借り,騎兵に貸す形式をとった) をこれにあてた。従士制と結びついて封建制度成立の要因となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ベネフィキウム

恩貸地ともいう。封建制度下のヨーロッパ諸国で主君が家臣に授与した封土のこと。軍事奉仕と主君邸への参向だけを義務づけ,賦役・貢租・地代などを免除したので,〈恩恵〉を意味するベネフィキウムの語が土地の授受関係に,さらにこうした土地そのものに転用された。一般に恩貸地制と従士制度との結合をもって封建制度成立の指標とする。8世紀カロリング朝時代の教会領の収公に始まり,12世紀ころまで続く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベネフィキウム【beneficium】

ラテン語で〈恩恵〉ないし〈好意〉を意味する。メロビング朝時代には,恩恵の対象である土地もベネフィキウム(恩貸地)の名で呼ばれるようになる。ベネフィキウムは恩恵的貸与であるため,しばしばプレカリア(貸与,貸与地)と同義で用いられた。保有者は一定期間(通常終身)の用益権を認められる代りに,なんらかの貢納や奉仕を義務づけられた。カロリング朝諸君主が教会領の大規模な収公を行って,それを臣下に軍事義務と引換えにベネフィキウムとして譲与して以来,ベネフィキウムは,しだいに従臣の生活を物的に保障する封土とみなされるようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のベネフィキウムの言及

【封建制度】より

…この場合,最初は土地所有権が与えられていたが,8世紀半ばごろからは〈借地権〉を与えるのが原則的な形になった。この借地権の形で家士に与えられた土地を〈恩給地〉(ベネフィキウム,フェオドゥムfeodum,レーンLehen)と呼び,この制度を〈恩給制〉と呼ぶ。借地権設定の方法が用いられたのは,次の事情によった。…

※「ベネフィキウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ベネフィキウムの関連キーワード封建制[西洋]レーン(封土)レーン兵制

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android