コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペリオ ペリオ Pelliot, Paul

6件 の用語解説(ペリオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペリオ
ペリオ
Pelliot, Paul

[生]1878.5.28. パリ
[没]1945.10.26. パリ
フランスの東洋学者。 1901年ハノイの極東フランス学院の中国語教師となり,06~09年中央アジアの考古探検を行い,敦煌の遺跡で6~11世紀の仏像,壁画,写本経巻など数多くの資料を収集した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペリオ(Paul Pelliot)

[1878~1945]フランスの東洋学者。1906~1909年、中央アジアを踏査、敦煌(とんこう)千仏洞から多数の文書・遺物を発見。著「敦煌千仏洞」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペリオ

フランスの中国学の大家。パリの東洋語学校卒業後,北京留学中に義和団事件に会う。1906年―1908年中央アジアを探検。敦煌で南北朝から宋元代に及ぶ古文書数千点を発見,収集し,中国学に新世紀を開いた。
→関連項目極東学院タリム盆地トゥムシュク敦煌莫高窟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ペリオ【Paul Pelliot】

1878‐1945
フランスの東洋学者。パリに生まれる。東洋語学校卒業後,インドシナに派遣され,ハノイのフランス極東学院の研究生となって中国出張中,義和団事変に遭遇(1900)。学院に戻って,中国語教授となる(1901)。1906年,中央アジア探検隊を率いてパリを出発。東トルキスタン各地の遺跡を調査し,古文書,古写本,木簡,絵画,彫刻等多数を発見。とくに敦煌の千仏洞では,多くの写本や文書を収集した(敦煌莫高窟)。08年北京で調査旅行を終え,翌年帰国。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ペリオ【Paul Pelliot】

1878~1945) フランスの東洋学者。中央アジア各地を踏査。特に、敦煌とんこう千仏洞からの古文献収集で知られる。著「敦煌千仏洞」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペリオ
ぺりお
Paul Pelliot
(1878―1945)

フランスが生んだ世界最大の東洋学者。パリに生まれ、東洋語学校などを卒業。21歳でインドシナ古跡調査部(フランス極東学院の前身)に入る。中国留学後、1901年からハノイのフランス極東学院教授。11年に33歳の若さでフランス学院(コレージュ・ド・フランス)の教授となり、23年からは東洋学雑誌T'oung Pao(通報)の編集にも携わって学界をリードした。その学問の領域はフランス学院の教授アベル・レミュザによって基礎づけられた近代的な学問としてのシノロジーsinology(中国学、シナ学)の伝統を継承、発展させつつも、それを超えた。すなわちトルキスタン化する以前の中央アジアの歴史学・言語学、アルタイ言語学を含むトルコモンゴル学、モンゴル帝国時代の東西交渉史学のうえに一大金字塔を打ち建て、さらにはチベット学、東南アジア学にまで及んだ。このような彼の学問形成に決定的役割を果たしたのは、1906年から09年にかけてフランスの学界を代表する形で行われた中央アジア探検である。そのときの原地調査の経験と、西域北道および敦煌(とんこう)から将来された多種多様の遺物と文書は、彼の生涯を通じての学問的財産となった。現在、彼の将来した文書類はパリ国立図書館に、遺物類はギメ美術館に所蔵されている。『敦煌千仏堂』ほか、著書、論文が多くある。[森安孝夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のペリオの言及

【キジル石窟】より

…窟数236(1973現在)。1906年(グリュンウェーデル)と14年(ル・コック)のドイツ隊の調査で注目され,07年にはペリオが,28年には黄文弼が調査した。53,73年には北京大学を中心とする本格的な調査が行われた。…

【クムトゥラ石窟】より

…南から北へ三つの山峡があり,前2者の山峡には,ドーム天井の方形主堂に後堂をもつ窟や,長い入口通廊にドーム天井をもつ方形主室が続く窟があり,壁画はキジル石窟の後期様式と並行するが,一部に改修がある。1903年に第1回大谷探検隊,06年にグリュンウェーデル,07年にペリオ,28年に黄文弼が調査した。石窟群の主要部は第3峡に群集し,唐の年紀(843年から894年までにわたる)をもつ題記が多数あることから,グリュンウェーデルは〈碑文石窟Inschriften Schlucht〉と名づけた。…

【敦煌学】より

…1900年(光緒26),道士王円籙が第17窟に封蔵されていたおびただしい古写本,古文書,絵画類を発見した。当初はほとんど関心を呼ばなかったが,07年にイギリス探検隊のスタイン,08年にフランスのペリオが,それぞれ大量に買い取って本国へ持ち帰ったことから,世界の学界の注目を集めるようになった。10年に清国政府は残余の漢文文献を北京に運ばせたが,その後に訪れた大谷探検隊,ロシアのオルデンブルグ,第3次探検のスタインは,さらに若干点を取得した。…

※「ペリオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペリオの関連キーワードイルドフランス岩井大慧ギメ美術館コルディエシャバンヌ東洋学ラングレスアンクティル・デュペロンドミエビル国際東洋学者会議

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペリオの関連情報