コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシハジロ ホシハジロ Aythya ferina; common pochard

2件 の用語解説(ホシハジロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホシハジロ
ホシハジロ
Aythya ferina; common pochard

カモ目カモ科。全長 48cm。雄は頭頸部が栗色,胸は黒く,体は灰色で背に黒い虫食い状斑が密にある。雌は全体に灰褐色。ユーラシア大陸の温帯と亜寒帯で繁殖する。日本では北海道で繁殖の記録があるほか,冬鳥として多数渡来し,全国各地の湖沼や池にすむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホシハジロ
ほしはじろ / 星羽白
pochard
[学]Aythya ferina

鳥綱カモ目カモ科の鳥。旧北区の亜寒帯、東はバイカル湖までに繁殖し、温帯の主として淡水沼に越冬し、その数は少なくない。全長約45センチメートル。雄は頭部が赤褐色、頭頂がやや三角形状に高く、虹彩(こうさい)も赤い。胸と尾部は黒色、背は細斑(はん)があるがほとんど白色にみえる。雌は頭部から背にかけてが褐色。近縁の別種として、アメリカホシハジロと大形のオオホシハジロが北アメリカに分布する。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホシハジロの関連キーワードマガモ尾長鴨かもかも川秋沙黒鳥縞味晨鳧ホオジロガモ(頰白鴨)ホシハジロ(星羽白)マガモ(真鴨)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホシハジロの関連情報