コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーソン実験 ホーソンじっけん Hawthorne experiment

2件 の用語解説(ホーソン実験の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーソン実験
ホーソンじっけん
Hawthorne experiment

ハーバード大学教授 E.メーヨーらがウエスタンエレクトリック社のホーソン工場で行なった一連の研究 (1927~32) 。作業量にとって照明,労働時間,給与条件などよりも,士気,インフォーマル・グループなどの人間関係社会心理学的条件が重要であることを明らかにして,産業心理学産業社会学の成立の契機となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホーソン実験
ほーそんじっけん
Hawthorne experiments

アメリカの電話・通信機器メーカーのウェスタン・エレクトリック社ホーソン工場で行われた生産性の規定要因に関する一連の実験・調査をいう。大きくは二期に分かれ、第一期(1924年11月~1927年4月)では照明と作業能率との関係の解明を目ざした「照明実験」が実施されたが、失敗した。そこで、ハーバード大学のメーヨー、レスリスバーガーFritz Jules Roethlisberger(1898―1974)らの協力を得て、「ホーソン第二実験」(1927年4月~1932年5月)が実施され、継電器リレー組立て作業実験室調査、約2万1000人の面接調査バンク配線観察室調査など五つの実験・調査が行われた。これらを通じて、作業能率は作業条件より労働者の精神的態度や感情に影響され、労働者の態度や感情はまた個人的来歴や職場の社会的情況に規定されることが明らかにされるとともに、非公式組織(インフォーマル・グループ)の存在とその規制力も発見された。これによって人間関係論の生成の基礎が与えられた。[浪江 巖]
『F・J・レスリスバーガー著、野田一夫・川村欣也訳『経営と勤労意欲』(1954・ダイヤモンド社) ▽G・E・メイヨー著、勝木新次・村本栄一訳『産業文明における人間問題』(1959・日本能率協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホーソン実験の関連キーワードアローグラショーデーリーハーバード大学バンチセンニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーハーバード大学卒業式ハーバード大学経済調査委員会ハーバード大学図書館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone