コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボース=アインシュタイン凝縮 ボース=アインシュタインぎょうしゅく Bose-Einstein condensation

2件 の用語解説(ボース=アインシュタイン凝縮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボース=アインシュタイン凝縮
ボース=アインシュタインぎょうしゅく
Bose-Einstein condensation

ボース凝縮ともいう。ボース統計に従う多くの粒子から成る系で,ある量子力学的な一粒子状態を占める粒子数の平均が全粒子数と同じ程度になった状態をいう。この現象は 1925年 A.アインシュタインによって初めて指摘された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボースアインシュタインぎょうしゅく【ボース=アインシュタイン凝縮 Bose‐Einstein condensation】

相互作用のないボース粒子N個が体積Vの容器の中に入れられているとしよう。粒子と壁との衝突は弾性衝突であるとすると,各粒子のエネルギーεは時間的に一定になる。粒子の質量をm,運動量をpとすると,ε=p2/2mである。ボルツマンの統計力学(古典統計力学)によれば,この粒子集団が絶対温度Tの熱平衡状態にあるとき,運動量p=(px,py,pz)の各成分がpαpαdpα(α=x,yまたはz)の間にあるような粒子の数は,マクスウェル=ボルツマン分布で与えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボース=アインシュタイン凝縮の関連キーワードボース凝縮ボース=アインシュタイン統計ボース統計ボースンアルボースボースアインシュタイン凝縮ボースアインシュタイン統計ボース‐アインシュタイン凝縮ボースロンルースボール相互作用強い相互作用ハドロンフェルミ相互作用ボース粒子超対称性理論超紐理論栄養素間相互作用ズール‐中村相互作用体積排除効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone