コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボース=アインシュタイン凝縮 ボース=アインシュタインぎょうしゅくBose-Einstein condensation

2件 の用語解説(ボース=アインシュタイン凝縮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボース=アインシュタイン凝縮
ボース=アインシュタインぎょうしゅく
Bose-Einstein condensation

ボース凝縮ともいう。ボース統計に従う多くの粒子から成る系で,ある量子力学的な一粒子状態を占める粒子数の平均が全粒子数と同じ程度になった状態をいう。この現象は 1925年 A.アインシュタインによって初めて指摘された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボースアインシュタインぎょうしゅく【ボース=アインシュタイン凝縮 Bose‐Einstein condensation】

相互作用のないボース粒子N個が体積Vの容器の中に入れられているとしよう。粒子と壁との衝突は弾性衝突であるとすると,各粒子のエネルギーεは時間的に一定になる。粒子の質量をm,運動量をpとすると,ε=p2/2mである。ボルツマンの統計力学(古典統計力学)によれば,この粒子集団が絶対温度Tの熱平衡状態にあるとき,運動量p=(px,py,pz)の各成分がpαpαdpα(α=x,yまたはz)の間にあるような粒子の数は,マクスウェル=ボルツマン分布で与えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone