コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポートモレスビー Port Moresby

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポートモレスビー
Port Moresby

パプアニューギニア首都。ニューギニア島南東部にあり,1884年以来,旧パプア (イギリス領,のちにオーストラリア領) の行政中心地および港湾として発展。第2次世界大戦中は連合軍基地が置かれ,日本軍の攻撃目標とされた。 1945年旧ニューギニア (オーストラリア信託統治領) をも合わせた両地区の中心地となった。 1975年独立とともに首都となり,行政的には首都地区 (面積 240km2) を形成するとともにセントラル県 (面積2万 9500km2。人口 18万 3983〈2000〉) の県都を兼ねる。国会議事堂,政府諸官庁,パプアニューギニア大学,金融機関,国際空港などがある。港は輸入が中心。人口の約 10%が中国人などの外国人。人口 30万7600(2009)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ポートモレスビー【Port Moresby】

パプア-ニューギニアの首都。ニューギニア島南東部の珊瑚海に臨む港湾都市。コーヒー・コプラなどを輸出。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポートモレスビーの関連情報