コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガン マガンAnser albifrons; greater white-fronted goose

3件 の用語解説(マガンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マガン
マガン
Anser albifrons; greater white-fronted goose

カモ目カモ科。全長 65~86cm。は,先端部が白色,ほかの部分は桃色であるが,基部の羽毛は白い。上尾筒と下腹部および下尾筒は白色。体のほかの部分はだいたい灰褐色で,背は各羽毛の縁が灰色で鱗模様をつくり,腹部には黒褐色の横斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マガン

カモ科の鳥。翼長42cm。全体に灰褐色でくちばしオレンジ色かピンク色。額は白。ユーラシアと北米の北極圏ツンドラ地帯で繁殖し,温帯で越冬する。日本へは冬鳥として渡来し,その大部分が宮城県伊豆沼で越冬。
→関連項目伊豆沼片野鴨池蕪栗沼カリガネガン(雁)佐潟宮島沼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マガン
まがん / 真雁
white-fronted goose
[学]Anser albifrons

鳥綱カモ目カモ科の鳥。グリーンランドカナダアラスカシベリアなどの北極圏で繁殖し、ヨーロッパ、日本および北アメリカ西部など温帯地方で越冬する計5亜種がある。もっとも代表的なガンで、全長78センチメートル。額が白く、腹に不定形の大黒斑(はん)があるが幼鳥にはない。千葉県の和田沼(現、柏(かしわ)市)、岐阜県の下池(しもいけ)などに多く渡来したが現在はみられない。宮城県伊豆沼に数千羽が渡来し、未明に飛び立ち雁列(がんれつ)をなして周辺の水田の採餌(さいじ)地に降りる。そのほか、秋田県八郎潟(はちろうがた)、石川県大聖寺(だいしょうじ)、鳥取・島根両県にまたがる中海(なかうみ)などに渡来するにすぎない。近縁種のカリガネA. erythropusは、シベリアの北極圏のマガンより高地で繁殖するが、マガンより数は少なく、日本にも少数渡来する。マガンに似るが小形で、声は甲高く澄み、真の「雁が音(かりがね)」の名にふさわしい種である。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マガンの関連キーワードなつ松本悠里碧井理乃三村ことみひろみ荒井瞳中村有希石井あつき愛乃加藤健

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マガンの関連情報