コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヒワ(真鶸) マヒワ siskin

翻訳|siskin

1件 の用語解説(マヒワ(真鶸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マヒワ【マヒワ(真鶸) siskin】

スズメ目アトリ科の鳥(イラスト)。全長約12cm。スズメより小さい。雌雄異色。一見して黄色く見え,雄はとくに体が黄色く,黒い小縦斑が背面とわきに散在する。頭上とのどは黒い。翼の黄帯と尾の元のほうの黄斑が飛ぶときにはよく目だつ。雌は黄色が弱く,腹面は白っぽいヨーロッパから中央アジアまでとアジアの東部に分かれて分布する。日本には主として冬鳥として渡来するが,本州北部の山岳の亜高山針葉樹林にはときに夏でも見られ,繁殖するものがいると考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マヒワ(真鶸)の関連キーワード楓鳥花鳥小椋鳥猿子入内雀紅雀花鶏岩雲雀川烏

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone