コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マールブルグ病 マールブルグビョウ

デジタル大辞泉の解説

マールブルグ‐びょう〔‐ビヤウ〕【マールブルグ病】

Marburg disease》ウイルス性出血熱の一つ。1967年にドイツのマールブルクなどでワクチン製造のためウガンダから輸入したアフリカミドリザルを扱った研究者ら31人が発症し、7人が死亡した。その後の発生ではコウモリなどからの感染も疑われている。伝染力が強く致命率が高いため隔離治療が必要とされる国際伝染病の一つ。潜伏期間は3~10日。突発的に発症し、頭痛・筋肉痛・発熱に始まり、激しい嘔吐・下痢がみられ、発疹が全身に広がる。重症の場合、全身の器官に出血傾向が現れ、8~10日で死亡する場合がある。マールブルグ出血熱マールブルグ熱
[補説]1998~2000年にはコンゴ民主共和国で発生し、149人の患者が確認され123人が死亡。2005年にはアンゴラで388人の発症が確認され324人が死亡した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

家庭医学館の解説

まーるぶるぐびょう【マールブルグ病 Marburg Disease】

[どんな病気か]
 ウイルス感染による悪性の伝染病で、1965年、西ドイツのマールブルグ市の研究所でアフリカから輸入したサルから伝染して集団発生したので、この病名で呼ばれていますが、常在地は、サハラ砂漠以南のアフリカ諸国です。ウイルスは、齧歯類(げっしるい)が保有しているとみられています。
 皮膚の小さな傷からの感染が主ですが、病人からの飛沫感染(ひまつかんせん)もあります。
[症状]
 潜伏期間は4~9日です。急に高熱、頭痛、筋肉痛、嘔吐(おうと)、下痢(げり)などがおこります。
 第1病週の末から、かゆみのない斑(はん)や丘疹(きゅうしん)のような発疹(ほっしん)が、顔、臀部(でんぶ)から始まり全身に広がります。
 第2病週には、肝障害、出血傾向、腎不全(じんふぜん)などが生じて、約20%の人が死亡します。
[治療]
 この病気の回復期にある人の血漿(けっしょう)の注射が有効です。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マールブルグびょう【マールブルグ病 marburg disease】

マールブルグウイルスによる全身性の急性熱性伝染病で,1967年,ウガンダから輸入したアフリカミドリザルを介して,旧西ドイツおよび旧ユーゴスラビアの三つの研究所でほぼ同時に発生し,同定された。日本では国際伝染病として扱われる。ウイルス保有動物として齧歯類(げつしるい)が疑われているが,いまだ不明。ヒトへは経皮(傷口)感染を主とするが,エーロゾル感染もある。潜伏期間は5~9日。ふつう発熱,筋肉痛などのインフルエンザ様症状で始まり,高熱とともに腹痛,下痢などの消化器症状や全身性の発疹をみる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マールブルグ病
マールブルグびょう

マールブルク病」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マールブルグ病の関連キーワード「伝染病予防法」から「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」へおもな感染症と病原体人獣共通感染症感染症予防法輸入感染症学校伝染病検疫感染症学校感染症ラッサ熱

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android