コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミディ運河 ミディうんが Canal du Midi

6件 の用語解説(ミディ運河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミディ運河
ミディうんが
Canal du Midi

ラングドック運河とも呼ばれるフランス南部,地中海沿岸のセット港とガロンヌ川を経てビスケー湾とを結ぶ運河。延長 241km,建設 1666~82年,閘門総数 65。これによって大西洋と地中海が直接結ばれることになり,ツールーズの商業的発展を促した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミディ‐うんが【ミディ運河】

Canal du Midi》フランス南部、地中海の港湾都市セートガロンヌ川上流の都市ツールーズを結ぶ運河。全長240キロメートル。17世紀に徴税使ピエールポール=リケの発案により、国家事業として造営。19世紀に鉄道が開通するまで、地中海と大西洋を結ぶ大量輸送を担った。1996年、世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミディ運河【ミディうんが】

フランス南部の地中海と大西洋を結んだ運河。ルイ14世の命によりジブラルタル海峡を通らない輸送ルートとして1681年に完成した。トゥールーズから地中海に面したトー湖にいたる全長240kmの運河で,19世紀に鉄道が開通するまで大西洋と地中海とを結ぶ重要な輸送ルートであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

ミディうんが【ミディ運河】

1996年に登録されたフランスの世界遺産(文化遺産)。同国南部ミディピレネーラングドック・ルーションの2地方、オート・ガロンヌ、オードエローの3県にまたがり、トゥールーズから地中海に面したトー湖まで、全長240kmにも及ぶ運河で、登録範囲は他に4本の支流と運河沿いの景観も含む。1661年に太陽王ルイ14世が、当時敵対関係にあった隣国スペインを通らずに大西洋から地中海まで船で航行できる運河の建設を命じたことにより、1666年から工事が始まった。建設を指揮したのは徴税吏として財をなしたピエール・ポール・リケで、彼の死後は息子が引き継ぎ1681年に完成した。工事は国家的事業として当時最高の土木技術をもって進められ、運河はトゥールーズから大西洋に注ぐガロンヌ川につながり、大西洋と地中海が結ばれることになった。19世紀末、ミディ鉄道が開通すると運河は交通路としての役割を終えたが、創造性の証、歴史的な価値などが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はCanal du Midi

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミディうんが【ミディ運河 Canal du Midi】

フランス南部のトゥールーズから地中海に隣接したトー潟のセートまでラングドック地方を横断する運河。全長241km。ラングドック運河,両洋運河ともいう。トゥールーズからは,かつてはガロンヌ川により,現在はガロンヌ川側設運河(1856完成)により,大西洋と連絡できる。早くから地元では運河開削を要望していたが,絶対王政期の17世紀に,王権は対外政策上スペイン経済の衰退を期待し,ジブラルタル海峡に代わり地中海と大西洋を結ぶ国際水路として運河開削の意義を認めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミディ運河
みでぃうんが
Canal du Midi

フランス南部、地中海とガロンヌ川上流の都市トゥールーズを結ぶ内陸艀(はしけ)運河。地中海岸のマルセイランよりベジェル、ナルボンヌ、カルカソンヌなどを経て、トゥールーズでガロンヌ川並行運河(長さ約193キロメートル、閘門(こうもん)53か所)に結ばれている。長さ約240キロメートル。閘門101か所、途中で地中海斜面と大西洋斜面の分水嶺(ぶんすいれい)を越える。幅10メートル、深さ1.8メートル。17世紀後半のルイ14世時代に開通した歴史の古い運河である。ガロンヌ川の航行困難な区間を避けるため、1856年にガロンヌ川並行運河が開通してミディ運河と結ばれた。フランスの幹線系内陸水路の一つで、地中海と大西洋のジロンド河口、ビスケー湾を結ぶ水路の一部となっている。この運河は1996年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[青木栄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミディ運河の言及

【運河】より

…積極的な運河建設は,ヨーロッパ大陸では,中央集権的な絶対王制のもとでの重商主義政策のなかで遂行された。フランスでは,コルベールのもとで1624年,ロアール川をセーヌ川に結びつけるブリアール運河が完成され,1666‐81年にはガロンヌ川を地中海に結びつける,65個の閘門をもつ241kmのミディ(ラングドック)運河が建設された。18世紀にも建設は活発に進められ,革命前にすでに延べ1000kmに達した。…

※「ミディ運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミディ運河の関連キーワードスルツエイヘンダーソン島自然遺産ルストサンギラン初期人類遺跡世界遺産登録アルジェのカスバパリのセーヌ河岸フォンテーヌブローの宮殿と庭園ブリュージュ歴史地区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone