コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュージカル映画 ミュージカルえいが

3件 の用語解説(ミュージカル映画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュージカル映画
ミュージカルえいが

映画のジャンルで音楽や踊りに重点をおいたもの。トーキーの到来とともに欧米映画は映像と音楽の創造的結合を追究し,『会議は踊る』 (1931) などのオペレッタ映画が生れた。しかし主流は舞台でのミュージカルの発展と呼応したアメリカ映画にあり,1930年代には『ゴールド・ディガーズ 1936』などのショー場面で群舞を真上から撮影するなどの自由なショー空間と映像美を展開し,33~39年に F.アステアと G.ロジャーズコンビが,踊るミュージカルの時代を画した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ミュージカルえいが【ミュージカル映画 musical film】

西部劇やギャング映画などと並ぶハリウッドの主要なジャンルで,舞台のミュージカルの形式にならって,歌と踊りを中心にしてそれをドラマと一体化した映画である。〈ムービー・ミュージカルmovie musical〉あるいは〈スクリーン・ミュージカルscreen musical〉とも呼ぶが,一般には舞台のミュージカルと区別せずに単に〈ミュージカルmusical〉と呼ぶ場合も多い。
ミュージカル映画の誕生]
 1920年代の初めにレコードを通じて全米のアイドルとなっていたアル・ジョルスンAl Jolson(1886‐1950)が,ワーナー・ブラザースの実験的なサウンド短編《エープリル・シャワーズ》(1926)につづく《ジャズ・シンガー》(1927)で《マイ・マミー》や《ブルー・スカイ》を歌ったとき,〈トーキー映画〉と〈ミュージカル映画〉が同時に誕生した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミュージカル映画
みゅーじかるえいが
musical film

映画の一ジャンルで、歌や踊りを中心にストーリーが展開するものをいう。舞台のミュージカルからの影響も大きく、主演俳優の歌唱力や踊りの魅力とともに、作詞・作曲者や振付者が大きな役割を果たす点など、一般の劇映画とは異なる要素も多い。
 1927年の『ジャズ・シンガー』(パート・トーキー)の成功によって、映画は本格的なトーキー時代を迎え、音楽が重要な表現手段となり、歌や踊りを中心とした映画が盛んに製作されるようになった。フランスでは『ル・ミリオン』(1931)、ドイツでは『会議は踊る』(1931)など、音楽の魅力を十二分に取り入れた多くの作品が各国で発表された。なかでもハリウッド映画は、『ラヴ・パレィド』(1929)や『ブロードウェイ・メロディ』(1929)など、オペレッタやレビューといったステージ・ミュージカルの形式を受け継ぎながら、しだいにミュージカル映画という独自のジャンルを築き上げていった。ことに1930年代から1940年代にかけて、一方で、『四十二番街』(1933)や『ゴールド・ディガース』(1933)など、バズビー・バークリーBusby Berkeley(1895―1976)の構成・演出によるミュージカル場面で豪華絢爛(けんらん)な視覚的イメージのスタイルが生み出され、また他方で、『コンチネンタル』(1934)や『トップ・ハット』(1935)など、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャーズGinger Rogers(1911―1995)の歌と踊りの名コンビによる自由でリズム感にあふれたスタイルが生まれるなど、ミュージカル映画はより洗練されていった。そして、ジュディ・ガーランドをはじめ多くのミュージカル・スターが出現し、『オズの魔法使』(1939)など数々の名作が生み出された。
 第二次世界大戦後、映画の色彩化と大型化によって、ミュージカル映画もその恩恵を受けることになるが、この時期、プロデューサーのアーサー・フリードArthur Freed(1894―1973)と、ダンサーであり振付者のジーン・ケリーGene Kelly(1912―1996)によって、MGMミュージカルが黄金時代を迎え、『踊る大紐育(ニューヨーク)』(1949)、『巴里(パリ)のアメリカ人』(1951)、『雨に唄(うた)えば』(1952)などの名作が次々と生み出され、スタンリー・ドーネンStanley Donen(1924― )、ビンセント・ミネリといったミュージカル映画に巧みな映画監督も登場した。しかし、1950年代なかばになると、テレビとの競合によって観客数が激減し始め、ミュージカル映画の製作も減少していった。ブロードウェーのヒット・ミュージカルの大型画面による映画化『オクラホマ!』(1955)、『王様と私』(1956)、『南太平洋』(1958)、『ウェスト・サイド物語』(1961)、『マイ・フェア・レディ』(1964)、『サウンド・オブ・ミュージック』(1965)などの優れた作品もつくられたが、その衰退は否定しようもなかった。
 しかしその一方で、フランスでは『シェルブールの雨傘』(1963)のような会話まですべて歌で運ぶ新しい試みが登場し、またアメリカでも優れた正統派ミュージカルであるライザ・ミネリ主演の『キャバレー』(1972)、ロック・ミュージカルの『ジーザス・クライスト・スーパースター』(1973)や『ヘアー』(1979)などが製作された。その後、ショー・ビジネスの世界を背景にした『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977)や『オール・ザット・ジャズ』(1979)などで新たな相貌(そうぼう)をみせ始めたミュージカル映画は、1980年代にはオペラ映画『カルメン』(1983)や自伝映画『バード』(1988)などの優れた作品を生み出し、またミュージカル・シーンを象徴的に用いた『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)のような作品も製作された。そして、1990年代にはこれまで未知だったインドのミュージカル映画が知られるようになり、『ムトゥ 踊るマハラジャ』(1995)のような娯楽作品が世界の観客を魅了した。
 ハリウッド映画の凋落(ちょうらく)とともにジャンルとしてのミュージカル映画は衰退したといわれたが、2000年代に入ると復興の兆しがみえ始めた。過去の絢爛な時代を舞台にした『ムーラン・ルージュ』(2001)や『シカゴ』(2002)、ショウビジネスを風刺した『プロデューサーズ』(2005)、オペラ「ラ・ボエーム」を下敷きにして現代の若者たちの夢や挫折を描いた『レント』(2005)、1960年代の若者たちの夢を描いた『ドリーム・ガールズ』(2006)や『ヘアスプレー』(2007)などの作品が製作され、またフェデリコ・フェリーニ監督の『8』(1963)をミュージカル化した『ナイン』(2009)のような作品も生み出されている。その多くは舞台ミュージカルの映画化であるが、若者たちの夢と現実、愛と不安などの世界を描き出している。伝統を受け継ぎながら時代とともにミュージカル映画は変貌(へんぼう)してきており、その新たな可能性を今日の映画の多様な表情のなかで模索しているように思われる。[村山匡一郎]
『柳生すみまろ著『ミュージカル映画』(1975・芳賀書店) ▽児玉数夫著『娯楽映画の世界 ミュージカル』(1980・社会思想社) ▽児玉数夫著『懐かしのハリウッドミュージカル黄金時代』(1985・国書刊行会) ▽スタンリー・グリーン著、村林典子訳『ハリウッド・ミュージカル映画のすべて』(1995・音楽之友社) ▽喜志哲雄著『ミュージカルが《最高》であった頃』(2006・晶文社) ▽小山内伸著『進化するミュージカル』(2007・論創社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミュージカル映画の言及

【MGM】より

…ウォール街の金融資本と結びついて黄金時代を迎えたハリウッドで,MGMは〈芸術のための芸術〉というモットーで飾ったほえるライオンをトレードマークとし,20年代初めに前身のメトロ社が,ルドルフ・バレンティノ主演の諸作によって基礎をつくった〈スターシステム〉を伝統に,グレタ・ガルボ,クラーク・ゲーブル,グロリア・スワンソン,ロバート・テーラー等々,〈空の星より多いスター〉を誇り,ひたすら〈健全な娯楽映画〉の製作を目ざした。とくに〈女性の撮影所〉と呼ばれたほど女性観客を重視し(その記念碑的代表作が《風と共に去りぬ》1939),また,《ブロードウェー・メロディ》に始まり《巨星ジーグフェルド》(1935),《オズの魔法使》(1939)を経て,アーサー・フリード製作の《踊る大紐育》(1949),《巴里のアメリカ人》(1951),《雨に唄えば》(1952),《バンド・ワゴン》(1953),《恋の手ほどき》(1958)に至るミュージカル映画を特色の一つにして発展した。30年代と40年代前半が最盛期であったが,観客の減少による不況期には,タルバーグ亡きあと42年に製作担当副社長になったドーリ・シャリー(1905‐80)が低額予算と合理主義による製作方針で腕をふるった。…

※「ミュージカル映画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミュージカル映画の関連キーワード駅馬車ギャング映画ハリウッド大学院大学デジタルハリウッド大学ボリウッドユニバーサルスタジオハリウッドハリウッド・サーティフィケートハリウッド・ノクターンハリウッド・レヴィユーマペットの夢みるハリウッド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミュージカル映画の関連情報