コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メディア めでぃあ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

メディア

記憶媒体記憶媒体のこと。ハードディスクCD-ROMMOディスクなどの他に、デジタルカメラなどに使用されているメモリーカードなども含まれる。情報媒体情報を伝える媒体を指す。特に、大量の情報を紙(新聞や雑誌、広告)や電波(テレビやラジオ)、通信(インターネット)を通じて大衆に伝達する媒体をマスメディアと呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

メディア

直訳すると「媒体」のことです。パソコンの世界では、データを保存する際の「記録メディア」を指すことが多いですが、映像、音声、テキストといった「データの種類」、インターネットのニュースサイトや新聞、雑誌といった「情報発信元の種類」などの意味で用いられることもあります。
⇨記録メディア

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

メディア(media)

medium の複数形》
媒体。手段。特に、新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどの媒体。「マスメディア」「マルチメディア
記憶媒体

メディア(Media)

前8世紀初め、イラン高原北西部にアーリア系のメディア人が建てた王国。前7世紀、イランを中心にカッパドキアアッシリアなどを領有する大国となったが、前550年ごろ、ペルシア帝国に併合された。メディア王国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

メディア

 media語意は「媒体、手段」。テレビや雑誌などの情報伝達媒体を指すこともあるが、パソコンやデジタルカメラにおいては 記録メディア のことを指す。 CD-RDVD-RMOCFカードメモリースティック 等。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

メディア【media】

➀情報を伝達する媒体・手段・技術。一般大衆を対象とするマスメディアとしては、従来、紙を媒体とする新聞・雑誌・書籍、そして電波を媒体とするテレビ・ラジオが主流だったが、現代社会においてはインターネットもマスメディアとしての役割を担っている。
➁記憶媒体。⇒記憶媒体

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

メディア【media】

手段。方法。媒体。特に、新聞・テレビ・ラジオなどの情報媒体。
情報を保存する外部記憶装置の媒体。磁気ディスク・光ディスクなど。
情報を頒布する手段。コンピューターの分野では、のメディアに加え、通信回線などが利用される。

メディア【Media】

紀元前八世紀末、イラン高原の北西部にメディア人が建てた王国。新バビロニアとともにアッシリアを滅ぼし、イラン全土にわたる領土を得たが前550年頃ペルシャに滅ぼされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メディア
Mēdia; Media

北西イラン地方の古代名。カスピ海南岸沿いのエルブールズ山脈,ウガイール砂漠,アルメニア,アッシリアに囲まれた地域。現イランのアゼルバイジャン州,クルディスターン州。大部分は標高約 900~1500mの山岳高原で肥沃な平原は少い。メディア人は記録の上では,マダ国の人々として,アッシリア王シャルマネゼル3世 (在位前 859~824) の『黒のオベリスク』の記録に初めて登場する。前9世紀末から前8世紀中頃までウラルトゥ王国の支配下でアッシリアと戦ったが,サルゴン2世 (在位前 722~705) の時代から前7世紀の中頃までアッシリアの支配下に入った。古代ギリシアの歴史家ヘロドトスによれば,デイオケスをメディア帝国の建設者としているが,真にメディアの統一を達成したのはフラオルテス (在位前 675~653) らしい。その子キャクサレスはスキタイの侵入を防ぎ,バビロンのナボポラッサルと組んでアッシリアを倒し,イランからカッパドキアのハリュス川に及ぶ大帝国を建設した。しかし,跡を継いだアステュアゲスはアケメネス朝ペルシアのキュロス2世と戦って敗れ,メディア帝国は滅亡した (前 550) 。都はエクバタナとラゲアにあった。ペルシア帝国の一州となったメディアは前 330年アレクサンドロス3世 (大王) によって占領され,北部メディアの統治をゆだねられたアトロパテスは独立に成功,しかし前 220年にはセレウコス朝に屈し,以来,統治者たちは次々にパルティア,アルメニア,ローマに従属した。南部メディアはセレウコス朝シリアの一州となり,前 152年頃パルティアに征服された。その後メディアの名は地理的用語としてのみ用いられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メディア
めでぃあ
Media

イラン高原北西部に紀元前8世紀初期、アーリア民族の一系統メディア人の建てた王国をいう。メディア人はもともとマダの国の人々とよばれるウルミア湖(イラン北西部)周辺に住む遊牧民で、前835年アッシリア王シャルマネセル3世の記録に初めてその名が登場する。建国者はエクバタナに首都を定めたディオケスとされているが、王国の体制はその子フラオルテスが築いた。アッシリアの攻撃をたびたび受け、次王キャクサレスの時代には南下してきた遊牧民スキタイに服した。約30年後キャクサレスはスキタイを倒し、前612年にはバビロニア王ナボポラサルと同盟してアッシリアを滅ぼした。その結果メディアはイランの大部分を領有する大国になった。その後、隣国リディアとの戦いが起きたが、前585年に和平が結ばれ終結した。しかし次王アスティアゲスは前549年アケメネス朝ペルシアのキロス2世に敗れ、メディアは滅亡し、ペルシアの属州となった。[吉村作治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

メディア

(1)情報メディアのこと.(2)記録媒体のこと.広義にはアナログメディアを含むが,狭義にはコンピュータの外部記憶装置に用いる可搬のデジタル記憶媒体.(3)マスコミのこと.新聞,テレビなどのいわゆるマスコミが1990年代にメディアと呼ばれるようになり,報道や社会学の領域で定着した.「メディアの時代」「メディアイベント」などの「メディア」はマスコミを指している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内のメディアの言及

【コミュニケーション】より

… 以下,コミュニケーション一般と各論について述べるが,言語的コミュニケーションの中心たる〈言語〉をはじめ,〈記号〉〈象徴〉などについてはそれぞれの項目を参照されたい。
【コミュニケーションの前提】

[メディア]
 人間が社会的に意味ある情報を伝達したり受け入れたりするためには,いくつかの条件がある。心の中の印象や意図は無媒介的に受け手には伝わらない。…

【写真】より

… こうしていわゆる〈肖像写真〉は転機を迎えて,いわゆる記念写真,家族写真なども含めた広義の〈記録写真〉一般の中に融合されてゆくのだが,しかしいうまでもなく,今日においても肖像写真は個人を同定する視覚物として,またある意味でその存在自体を示し得る視覚物として,決して意味を失ってはいない。たとえば毎日の新聞紙上をにぎわす写真の大半は顔写真を含めた人物写真で占められているし,また結婚式や成人の日など,人生の結節点には必ず撮影される人物を中心に置いた記念写真,あるいは親しい者のあいだで少なからず行われているであろう肖像(顔)写真の交換,さらには,歴史的にはブロマイドに始まり,今日では種々のメディアを通じてはんらんしている他者(芸能人,有名人)の肖像など,これらは種々の別な要素を含むものではあるものの,大枠としては上述の肖像写真の系譜の中に位置づけることができるものであろう。
[記録写真の系譜]
 写真の最も基本的な性質をあげるならば,それは記録機能であろう。…

※「メディア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メディアの関連キーワードWindows Media Center Extender TechnologiesWindows Media Center ExtenderWindows Media TechnologiesWindows Media Player 10Windows Media Player 11Portable Media Center独立行政法人メディア教育開発センター法案Windows Media Videoウィンドウズ・メディアプレーヤーWindows Media形式Internet StudioMicrosoft Plus!ポータブルメディアプレーヤーコミュニケーション・メディアデジタルメディアプレーヤーヒーローズアンドキャッスル学校図書館メディアセンターモバイルメディアプレーヤーマルチメディアプレーヤーデジタルメディアサーバー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メディアの関連情報