コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モエビ モエビ

3件 の用語解説(モエビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モエビ
モエビ

(1) Metapenaeus burkenroadi 軟甲綱十脚目クルマエビ科 Penaeidae。体長 12cm。甲は淡青緑色または淡黄色で,尾端が緑色。甲,腹部に不規則な浅いへこみがあり,フェルト状の毛がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モエビ

甲殻類クルマエビ科のエビ。体長13cmぐらいに達する。体色は淡黄褐色〜淡青緑色。額角には上縁に6〜8個のとげがあり,額角下縁や尾節側縁にはとげはない。東京湾以西インド洋までの内湾の20mぐらいの浅海の砂泥底にすみ,アマモなどのはえているところに多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モエビ
もえび / 藻蝦
middle shrimp
[学]Metapenaeus intermedius

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クルマエビ科に属するエビ。食用エビで、体長12センチメートルに達する。東京湾からインドまで分布し、内湾の砂泥底に生息するアマモの群落中に多い。甲面のところどころに不規則なへこみがあり、粗毛が生えている。額角(がっかく)は水平に突出し、上縁にのみ6~8歯ある。尾節(びせつ)に棘(とげ)はない。生時は淡青緑色ないし淡黄灰色で、尾端が緑色を帯びる。打瀬(うたせ)網やえび漕(こ)ぎ網で漁獲し、食用のほか釣り餌(え)にもする。
 なお、コエビ群に属するモエビ科のエビ類も一般にモエビとよばれる。いずれも体長5センチメートルほどまでの小形種であるが、浅海の海藻やアマモなどの海草の間に多く、魚類の餌として重要である。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モエビの関連キーワードイセエビクマエビクルマエビシバエビ虎海老沼海老赤蝦条蝦藻蝦バナナエビ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モエビの関連情報