コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モエビ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モエビ

(1) Metapenaeus burkenroadi 軟甲綱十脚目クルマエビ科 Penaeidae。体長 12cm。甲は淡青緑色または淡黄色で,尾端が緑色。甲,腹部に不規則な浅いへこみがあり,フェルト状の毛がある。額角は水平に突出し,上縁にのみ 6~8棘をもつ。尾節にはとげがない。体長 3cmぐらいまでは干潟の砂泥底にすみ,その後アマモの群落中で生活する。産卵期は 6~9月で,泳ぎながら放卵する。東京湾伊勢湾瀬戸内海有明海のほかインドからも報告されている。打瀬網やえび漕網で漁獲し,食用のほか釣餌とする。
(2) hippolytid shrimp 軟甲綱十脚目モエビ科 Hippolytidaeに属する種類の総称。体長 2~5cmで,ほとんどの種が内湾の藻場に生息する。体形は一般に細長く,体色は淡黄褐色から緑褐色で,アマモやアジモの葉の間ではそれぞれ擬態保護色となっている。第1胸脚,第2胸脚の腕節は多数の節に細分されている。アシナガモエビ Heptacarpus rectirostris,コシマガリモエビ H. geniculatus,アカシマモエビ Hippolysmata vittata,ホソモエビ Latreutes acicularis,ヒラツノモエビ L. planirostris などがごく普通に見られる。色彩が華やかなアカシマモエビやサンゴモエビ Saron neglectus,イソギンチャクモエビ Thor amboinensis などはペットとしても人気がある。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

モエビ

甲殻類クルマエビ科のエビ。体長13cmぐらいに達する。体色は淡黄褐色〜淡青緑色。額角には上縁に6〜8個のとげがあり,額角下縁や尾節側縁にはとげはない。東京湾以西インド洋までの内湾の20mぐらいの浅海の砂泥底にすみ,アマモなどのはえているところに多い。産卵期は7〜8月。食用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モエビ
もえび / 藻蝦
middle shrimp
[学]Metapenaeus intermedius

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目クルマエビ科に属するエビ。食用エビで、体長12センチメートルに達する。東京湾からインドまで分布し、内湾の砂泥底に生息するアマモの群落中に多い。甲面のところどころに不規則なへこみがあり、粗毛が生えている。額角(がっかく)は水平に突出し、上縁にのみ6~8歯ある。尾節(びせつ)に棘(とげ)はない。生時は淡青緑色ないし淡黄灰色で、尾端が緑色を帯びる。打瀬(うたせ)網やえび漕(こ)ぎ網で漁獲し、食用のほか釣り餌(え)にもする。
 なお、コエビ群に属するモエビ科のエビ類も一般にモエビとよばれる。いずれも体長5センチメートルほどまでの小形種であるが、浅海の海藻やアマモなどの海草の間に多く、魚類の餌として重要である。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android