コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モザイク病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

モザイク病(アカクローバ)

代表的なウイルス病。自然状態では利用2ー3年目からはほとんどの株が罹病する。病徴は春から現れるが、植物の種類や環境条件によって、黄斑モザイク、緑 斑モザイク、退緑斑点、縮葉など様々な病徴となる。ウイルスはアブラムシにより伝播されるが、その種類も様々である。病原ウイルスは4種が報告されている が、主なものはAMV、BYMV、WCMVである。病徴によりウイルスの種類が大体判別できる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android