コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モザイク病(オーチャードグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

モザイク病(オーチャードグラス)

関東、東北、北海道など広い地域で発生するウイルス病。典型的なモザイク症状となり、葉脈に沿って黄色〜白色のモザイクを葉全面に形成し、細長い条状になることもある。発生が軽微な場合はこの状態でとどまるが、激発すれば地上部全体の生育が大幅に悪化する。病原ウイルスはハムシ類によって伝播されるが、日本ではまだ未確認である。また、機械刈り等により汁液伝染する。人工接種すればエンバクオオムギコムギライムギにも感染する。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

モザイク病(オーチャードグラス)の関連キーワードスタンリー(Wendell Meredith Stanley)カリフラワーモザイクウイルスモザイク病(トウモロコシ)キュウリモザイクウイルスウェンデル スタンリータバコモザイクウイルス遺伝子組換え植物植物ウイルス病タバコ(煙草)イワノフスキーベイエリンクバラ(薔薇)植物ウイルスモザイク病スタンレー植物病理学ダイズ病虫害核酸生命

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android