コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モザイク病(シロクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

モザイク病(シロクローバ)

代表的なウイルス病。自然状態では利用2ー3年目からはほとんどの株が罹病する。病徴は春から現れるが、植物の種類や環境条件によって、黄斑モザイク、緑 斑モザイク、退緑斑点、縮葉など様々な病徴となる。ウイルスはアブラムシにより伝播されるが、その種類も様々である。病原ウイルスは3種が報告されている が、主なものはBYMV、WCMVである。病徴によりウイルスの種類が大体判別できる。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

モザイク病(シロクローバ)の関連キーワードスタンリー(Wendell Meredith Stanley)カリフラワーモザイクウイルスモザイク病(トウモロコシ)キュウリモザイクウイルスタバコモザイクウイルスウェンデル スタンリー遺伝子組換え植物イワノフスキータバコ(煙草)植物ウイルス病バラ(薔薇)ベイエリンク植物ウイルススタンレー植物病理学モザイク病ダイズ病虫害核酸生命

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android