モチノキ(黐の木)(読み)モチノキ(英語表記)Ilex integra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モチノキ(黐の木)
モチノキ
Ilex integra

モチノキ科の常緑小高木。アジア東部の暖温帯に広く分布し,日本では本州,四国,九州から南西諸島の海岸およびそれに近い山野に生えるが,庭園にもよく植えられる。幹は高さ3~8mとなり,枝は丸くて無毛,褐色を帯びる。葉は革質で長さ5~8cmの長楕円形,全縁で先は鈍頭,上面は濃い緑色であるが下面黄緑色をしている。雌雄異株で,4月頃に黄緑色の小さな4弁花をつける。雄花は多数葉腋に束生し,雌花は1~2個ずつ生じる。果実は球形核果で秋に赤熟する。樹皮から鳥もちをつくったことからこの和名がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android