コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モラール モラール morale

翻訳|morale

6件 の用語解説(モラールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モラール
モラール
morale

集団を構成する成員たちの多くが,その集団に対する信頼,集団内での自分の役割についての自信,集団目標に対する熱意,集団への忠誠心などをもっているような集団内の心理的状態。本来,軍隊用語では士気という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モラール(morale)

目標を達成しようとする意欲や態度。勤労意欲。やる気。「モラールが高い職場」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モラール

〈士気〉の意。経営学では従業員の勤労意欲のこと。ヒューマン・リレーションズの観点から,職場集団の結合度や仕事に対する協力心の度合を表現する用語として使用される。
→関連項目労務管理

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

モラール

モラールは、勤労意欲(労働意欲)、士気と訳される。職場の労働条件労働環境人間関係帰属意識などに影響されて生じる従業員の意識をさす。 モラールが、どちらかといえば集団的な感情や意識に対して使われる概念であるのに対し、モチベーションは個々人の意識に関する概念といえる。 ちなみにモラール・サーベイとは、組織・職場管理に対する従業員の態度や満足度、問題意識などを調査するための方法をいう。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

モラール【morale】

やる気。士気。
集団の共通目標の実現のために積極的に努力しようとする態度。士気。勤労意欲。作業意欲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モラール
もらーる
morale

職場、労働組合、軍隊などの成員が、そこでの役割に関してもっている心情的態度のことであり、労働意欲、志気、やる気などと訳される。個人レベルのものだけでなく、集団レベルのモラールも考えられ、それは集団の団結性、凝集度にあたる。モラールは、一定の条件の下で仕事をする人々のもつ内面的態度を事実としてとらえた科学的概念であり、人間のあるべき態度を意味する道徳的概念であるモラルmoralとは異なる。
 社会学者尾高邦雄(くにお)によれば、モラールの具体的内容は、〔1〕仕事への満足度、〔2〕仕事の意義の自覚、〔3〕所属集団への帰属意識、〔4〕集団の団結力の四つである。産業におけるモラールの概念を初めて体系的に提起したのは、1930~40年代にアメリカで発展した人間関係論であった。そこでは、職場の生産性は、労働条件や組織そのもののあり方により直接に規定されるのではなく、従業員のモラールによって媒介されており、労働条件などが同じでも、モラールの高低によって生産性には差を生ずることが明らかにされた。ただ、その後の調査研究では、モラールの高さと生産性の高さの間には、かならずしも正の相関があるとは限らないこともわかっている。
 一般にモラールのおもな規定要因として、作業条件、待遇、職場の組織、上司の監督方式、所属組織の社会的地位と運営方針、外部社会の環境的条件、成員の個人的条件があげられる。職場や労働組合管理の資料として成員のモラールを測定するための態度調査は、モラール・サーベイmorale surveyとよばれ、面接と質問紙による方法が併用されることが多い。モラール・サーベイのおもな指標は、仕事および待遇についての満足度、上司に対する信頼度、所属集団と組織への帰属意識、本人の生活構造と性格特性などであり、主観的な態度であるモラールをありのままに測定するため、実施は第三者的機関に委託するのがよい。[杉 政孝]
『尾高邦雄著『改訂 産業社会学』(1963・ダイヤモンド社) ▽兼子宙編『経営の心理 第二巻 モラール――職場の心理』(1959・筑摩書房) ▽渡瀬浩著『経営学全書36 経営社会学』(1970・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモラールの言及

【勤労意欲】より

…日々の職業労働に対する人々の精励ぶりをいい,一般にモラールmoraleともいう。勤労意欲は他の多くの要因とともに,その時代,社会に広く流布した職業観によって規定されている。…

※「モラール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モラールの関連キーワードモラル意欲的勤労者企業意識勤労意欲モラールアップレーガノミクスモラールサーベイ意欲減退意欲増進

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モラールの関連情報