コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モーリタニア モーリタニア Mauritania

翻訳|Mauritania

6件 の用語解説(モーリタニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モーリタニア
モーリタニア
Mauritania

正式名称 モーリタニアイスラム共和国 Al-Jumhūriyyah al-Islāmiyyah al-Mūrītāniyyah。面積 103万700km2。人口 335万9000(2012推計)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モーリタニア(Mauritania)

アフリカ北西部、大西洋に面するイスラム共和国。正称、モーリタニア‐イスラム共和国。首都ヌアクショット。国土の大部分はサハラ砂漠。鉄鉱石を産出し、遊牧・漁業が行われる。1920年フランス保護領となったが、1960年独立。人口321万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モーリタニア

◎正式名称−モーリタニア・イスラム共和国al-Jumhuriya al-Islamiya al-Muritaniya/Islamic Republic of Mauritania。
→関連項目マグリブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モーリタニア【Mauritania】

正式名称=モーリタニア・イスラム共和国Jumhūrīya al-Islāmiya al-Mūrītānīya面積=103万0700km2人口(1996)=233万人首都=ヌアクショットNouakchott(日本との時差=-9時間)主要言語=アラビア語(バッサニヤ),フルフルデ語,ソニンケ語,ウォロフ語通貨=ウーギヤOuguiyaアフリカ西端,サハラ砂漠南西部にあり,大西洋に面する共和国。乾燥気候のもとにある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モーリタニア【Mauritania】

アフリカ西部、サハラ砂漠の西部を占めるイスラム共和国。南西部は大西洋に面する。鉄・銅を産出。1960年フランスから独立。主要言語はアラビア語とフランス語。首都ヌアクショット。面積102万6千平方キロメートル。人口310万( 2005)。正称、モーリタニア・イスラム共和国。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モーリタニア
もーりたにあ
Islamic Republic of Mauritania英語
Jumhuriyat Muritaniya al-Islamiyaアラビア語

アフリカ北西部、サハラ砂漠の西端にある国。正式名称はモーリタニア・イスラム(イスラーム)共和国Jumhuriyat Muritaniya al-Islamiya。北は西サハラアルジェリア、東と南はマリ、南西はセネガル川セネガルに接し、西は大西洋に面する。面積102万5520平方キロメートル、人口290万6000(2005推計)、329万1000(2009推計)。首都はヌアクショット(人口67万3000。2007推計)。[藤井宏志]

自然

国土の大部分はサハラ砂漠に属するが、その基盤は先カンブリア時代の花崗(かこう)岩や片麻(へんま)岩で、その上を古生代の砂岩やそれ以後の堆積(たいせき)物が覆い、全般に地形は平坦(へいたん)である。海岸平野やセネガル川流域を除くと、内陸部はアドラル高原、タガント高原のような標高200~500メートルの高原をなし、その縁辺には急崖(きゅうがい)がみられる。高原の麓(ふもと)には湧水(ゆうすい)があるのでオアシスが分布している。大西洋沿岸には大陸棚が広がり、タコ、イカ、タイ、シタビラメ、エビなどの漁業資源に恵まれている。西サハラ国境に砂州状のブラン岬があり、天然の良港ヌアディブーがある。
 北緯17度線以北の国土の5分の4の地域が年降水量200ミリメートル未満の砂漠気候で、それより南は降水量200~500ミリメートルのサヘル(ステップ)気候である。サヘル気候の雨期は8月を中心に、夏季3か月であるが、降水量は年による変動が大きく、よく大干魃(かんばつ)がある。気温は内陸部と沿岸部とではかなり異なるが、全体に夏は高温で、冬は20℃前後と涼しい。内陸部の砂漠は日中きわめて高温だが、夜は急速に気温が下がり、日較差が大きい。北部では冬は日中でも寒くなる。沿岸部はカナリア海流(寒流)のため夏も涼しくしのぎやすい。北東貿易風による砂漠からの細かい飛砂に覆われることが多い。[藤井宏志]

地誌

国土は、北緯17度線以北のサハラ地域、その南のサヘル地域、西の大西洋沿岸地域に3区分される。サハラ地域にはおもにムーア人Moor(モール人ともいう)が住み、ラクダ、ヒツジの遊牧やナツメヤシ、野菜のオアシス農業を行っている。オアシスを結んで北アフリカとスーダン地方を結ぶ古くからの交易路があり、アタルはその中継都市の一つである。北部のズエラートには高品位の鉄鉱山がある。人口密度はきわめて低く、北東部は無居住地域が広がる。
 サヘル地域にはおもにネグロイド系のアフリカ人が住み、アワ、モロコシ(ソルガム。イネ科の穀物)、トウモロコシの栽培やウシの牧畜が行われ、セネガル川流域では水稲が栽培される。この国でもっとも人口密度の高い地域である。マリやセネガルへの道路沿いにロソ、カエディ、アレグ、キファ、ネマなどの農産物集散都市がある。
 大西洋沿岸地域の沖合いは、広い大陸棚とプランクトンの栄養に富んだカナリア海流によりタコ、イカ、タイ、エビ、マグロなどの大漁場をなし、沿岸には漁村が分布する。鉄鉱輸出港ヌアディブーは漁業基地でもある。ヌアクショットは首都として地下水の得られる固定砂丘上に新しく建設された都市である。国の政治、経済、交通、文化の中心地で工場も立地している。中国の援助で近代的港湾が建設された。[藤井宏志]

歴史

この地方は古くから北アフリカとブラック・アフリカの南北両勢力が接触する場であった。4世紀以降、スーダン人(ネグロイド系)の一部族サラコレのガーナ帝国の勢力下にあったが、11世紀ベルベル人のムラービト朝の支配下に入りイスラム(イスラーム)化した。イスラム勢力が南下した13世紀にアラブ系遊牧民ベニ・ハサンが侵入し、彼らの話すハサン方言のアラビア語が普及した。砂漠の拡大もあってスーダン人は南へ後退し、ムーア人がこの地方とスーダン人を支配するようになった。15世紀にヨーロッパ人が来航し、アルギン島などに交易の拠点を置いて、奴隷やアラビアゴムの交易を行った。19世紀にはイギリス、フランスの植民地化の競合の場となったが、20世紀初めフランスは軍隊を派遣して占領し、フランス領西アフリカの一部とした。先住の諸部族の抵抗は続いたが、1933年フランスは鎮圧に成功し、部族支配構造を利用した統治を行った。
 第二次世界大戦後、フランスの海外領土として地方議会、国会に議員を送るようになり、政党が結成され、1951年の選挙では保守勢力を代表するモーリタニア進歩同盟が多数を占めた。1956年、モーリタニア地方議会は行政府を組織し、副首相(首相はフランス人高等弁務官)に弁護士のダッダMoktar Ould Daddah(1924―2003)が選ばれた。1958年フランス共同体の共和国となり、1960年11月28日に独立を宣言した。1961年、憲法が制定され、初代大統領にダッダが就任した。議会は諸勢力を統合したモーリタニア人民党が全議席を占めた。1965年には人民党の一党制を規定し、その後大統領ダッダの親仏政策を基調とする政治が続いたが、1968年から1970年代初頭にかけ干魃(かんばつ)に襲われ、社会不安に対処するため1972年フランス資本の鉄鉱採掘会社を国有化するなどモーリタニア化を推進した。1975年西サハラ問題でモロッコと協定を結び、西サハラ南半のリオ・デ・オロを分割領有したが、西サハラの独立を目ざすポリサリオ戦線の抵抗で戦争となり、戦費の増大と鉄鉱山の破壊で経済が悪化した。1978年7月のクーデターで、独立以来18年間続いたダッダ政権が倒れ、国家再建軍事委員会(後の救国軍事委員会CMSN)が全権を握った。1979年8月にはポリサリオ戦線と和平協定を結び、リオ・デ・オロの領有を放棄した。[藤井宏志]

政治

1978年のクーデター以後、軍部を中心とするCMSN(救国軍事委員会)が権力を握ったが、内部の権力抗争により、クーデターや政変が繰り返された。1979年首相ブシェクが実権を握ったが事故死したため、後任の首相ハイダラと議長ルーリーの双頭体制ののち、首相ハイダラが議長、大統領に就任し全権を握った。しかし、1984年クーデターで失脚し、元首相タヤMaaouya Ould Sidi Ahmed Taya(1943― )が大統領に就任した。1991年7月、結社・表現の自由、大統領の直接選挙など民主化をうたった新憲法が国民投票で承認された。1992年1月、複数政党制による大統領選挙でタヤが当選し、同年3月、4月の上下両院選挙では、与党の共和民主社会党(PRDS)が多数を占めた。1996年11月の第2回上院選挙ではPRDSが改選18議席中17議席を占め、同年10月の下院選挙でも79議席中72議席を得た。外交では非同盟中立を基本とし、フランスをはじめ欧米諸国との関係を深めている。1997年の大統領選挙でもタヤが再選された。2000年の上院選挙、2001年の地方および議会選挙でも与党のPRDSが圧勝した。2003年の大統領選挙でもタヤが当選(3選、4期目)。2005年8月、軍がタヤ不在中にクーデターを決行、「民主主義のための軍事評議会」を設置し、バル大佐が議長に就任した。議会を解散し、大統領の再選を1度のみとすることを国民投票で決めた。2007年3月の大統領選挙で元財務相アブドライSidi Mahamed Ould Cheikh Abdallahi(1938― )が当選して大統領に就任、民政に移管した。同年8月6日人事をめぐってふたたび軍はクーデターを起こし大統領のアブドライを拘束、大統領警備隊長アブドルアジズが国家評議会の議長となった。2009年7月9人が立候補して大統領選挙が行われ、アブドルアジズが当選。同年8月大統領に就任した。
 旧フランス領西アフリカ諸国の一員であるが、独立後アラブ陣営への傾斜を強め、1973年アラブ連盟に加盟した。1983年アルジェリア、チュニジアと友好協力協定を締結し、西サハラ問題で対立したモロッコおよびリビアとは1985年に国交を復活した。軍隊は徴兵制で、総兵力は1万5650人である。[藤井宏志]

経済

伝統的な遊牧国家であったが、独立後、鉄鉱石鉱山および漁業の開発が進み、1人当り国民総所得(GNI)は840ドル(2007)で、アフリカの乾燥地域の国のなかではやや高位にある。ポリサリオ戦線との戦争によって経済が悪化し、外国からの援助への依存が大きく、1994年の対外債務額は23億ドルに達したが、1990年代後半にはGDP成長率はプラスを保っている。
 牧畜はムーア人遊牧民の伝統的産業で、放牧地は国土の38%に及び、就業人口の53%が従事している。飼育家畜数はヒツジ885万頭、ヤギ560万頭、ウシ169万頭、ラクダ160万頭、ニワトリ420万羽(2007)などで、総家畜数は人口の5倍以上に達する。一方、耕地面積は国土の0.5%以下にすぎず、農業はセネガル川流域を中心に営まれるが、収穫は干魃の影響を受けやすい。農産物は米7万7000トン、トウモロコシ1万7000トン、ナツメヤシ2万2000トン、スイカ8000トン(2007)などだが、毎年20万トン前後の食糧を輸入している。
 漁業は、鉄鉱石の生産と並ぶ主産業で、タコ、イカ中心の水産物は最大の輸出品である。かつては日本、韓国、ソ連など多くの外国漁船が入漁し、その入漁料を外貨獲得源としていた。1978年以後、外国漁船の入漁を規制し、伝統的漁業とトロール漁船による近代漁業の自国漁業団を育成し本格的漁業開発に乗り出している。ヨーロッパ諸国のシーフード志向により、航空機輸送での鮮魚とその調理品の輸出が伸び、小漁民による漁業も発展している。
 鉄鉱石は水産物と並ぶ輸出品で、1974年には765万トンを産した。1975年以後は石油危機による鉄鉱需要の落ち込みや西サハラ紛争の激化で生産が減少し、その後も不況で停滞していたが、2007年には770万トンと回復している。鉄鉱石はフデリック近郊のズエラート鉄山で産出され、全長652キロメートルの専用鉄道を、200両連結の世界最長の列車でヌアディブー港まで運ばれ輸出される。同鉄山の埋蔵は枯渇化傾向にあり、隣接するゲルマ鉄山の開発が進んでいる。
 輸出品は水産物23.6%と鉄鉱石68.6%(2007)で二分し、おもな輸入品は機械類、食料品、石油製品、自動車などとなっている。貿易相手国はフランス、スペイン、中国などである。[藤井宏志]

社会・文化

住民は、北アフリカから移動してきたベルベル人とアラブ人(ベニ・ハサン人)の混血であるムーア人が人口の大半を占め、ほかにロソを中心にウォロフ人Wolof、セネガル川流域にフルベ人Fulbe(プールPulaar)、トゥクロール人Tukulor、マリ国境地域を中心にサラコレ人Sarakole(ソニンケSoninke)などのネグロイド系の人々が住む。ムーア人には身分制度があり、外国人権団体から奴隷の存在を非難され、国民議会は2007年に反奴隷法(奴隷所有に10年の禁固刑)を可決した。全人口の56%が都市部に居住し、とくに首都への人口集中は著しい。伝統的な遊牧民は減少し、2000年には人口のわずか4.8%となっている。公用語は正則アラビア語であるが、日常的にはフランス語(かつての公用語)、ハッサニア語(アラビア語方言)、ウォロフ、フルベなどの各民族集団の言語を話す。正則アラビア語の公用語化はネグロイド系の反発を招いている。宗教はイスラム教(イスラーム)が国教である。義務教育は小学校(6年)で、識字率は55.8%(2007)である。高等教育機関として師範学校、技術専門学校のほか、1983年にヌアクショットに国立大学が開校した。日刊紙は『シャーブ』(フランス語、正則アラビア語)、国営ラジオ・テレビ放送がある。ユネスコの世界遺産に「ウワダン、シンゲッティ、ティシットおよびウワラタの古い集落」(文化遺産)、「バンダルギン国立公園」(自然遺産)の二つが登録されている。[藤井宏志]

日本との関係

かつては沿岸の漁場に日本漁船が多数入漁し、日本政府も漁業技術向上のための技術援助を行ってきた。1982年(昭和57)の入漁料値上げで日本漁船は撤退したが、現在はタコなどの水産物を大量に輸入し、農業、米、車両などの援助も行っている。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモーリタニアの言及

【マウレタニア】より

…古代の北アフリカにおけるマウリ族(ムーア人)の居住地域。今日のアルジェリア西部からモロッコ大西洋岸までの区域で,現在の西アフリカの国の名モーリタニアはこの呼称に由来する。前2世紀ころには,マウリ部族民による王国が形成された。…

※「モーリタニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モーリタニアの関連キーワードイスラマバードイランセネガル東チモールホメイニモーリシャスイスラム共同体ボスニア・ヘルツェゴビナイラン・イスラム共和国コモロ・イスラム連邦共和国

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モーリタニアの関連情報