コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブサメ ヤブサメ Urosphena squameiceps; Asian stubtail

3件 の用語解説(ヤブサメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブサメ
ヤブサメ
Urosphena squameiceps; Asian stubtail

スズメ目ウグイス科。全長 10cm。頭,背,,尾は濃褐色,胸腹部は褐色,下面中央部は白色で,黄白色の長い眉線がある。日本に分布する鳥類のなかではキクイタダキミソサザイと並んで最小の一種。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヤブサメ

ヒタキ科の鳥。翼長5.3cm。全体にオリーブ褐色でウグイスに似るが,尾が短い。東アジア北部で繁殖,冬季は中国南部から東南アジアへ渡る。日本へは夏鳥として屋久島以北へ渡来,平地から山地の森林にすむ。
→関連項目ツツドリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブサメ
やぶさめ / 藪雨
short-tailed bush warbler
[学]Cettia squameiceps

鳥綱スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科の鳥。ウグイスと同属で、羽色もウグイスに似て上面は暗褐色、下面は汚白色である。尾が短く、全長は10~11センチメートル。ウスリー地方、中国東北部、朝鮮半島、九州以北の日本で繁殖し、中国南部、インドシナ半島などに渡り越冬する。低山のやぶの多い林にすみ、シシシ……と聞こえる虫のような高い周波数の声でさえずる。地上の物陰のくぼみに木の枯れ葉などで巣をつくり、5、6卵を産む。やぶの中で昆虫などを捕食し、高い枝や明るい場所には出ないので、姿を見る機会は少ない。流鏑馬(やぶさめ)の矢羽の音とさえずりが似ているが、語源が関係するかは不明である。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤブサメの関連キーワード黄鶲鮫鶲野駒野鶲瑠璃鳥木啄小鮫鶲ノビタキ(野鶲)ヒタキ(鶲)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤブサメの関連情報