コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブサメ ヤブサメUrosphena squameiceps; Asian stubtail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブサメ
Urosphena squameiceps; Asian stubtail

スズメ目ウグイス科。全長 10cm。頭,背,,尾は濃褐色,胸腹部は褐色,下面中央部は白色で,黄白色の長い眉線がある。日本に分布する鳥類のなかではキクイタダキミソサザイと並んで最小の一種。サハリン島東アジア北部,朝鮮半島,日本に繁殖分布し,中国南部,タイワン(台湾)インドシナ半島北部で越冬する。日本には夏鳥(→渡り鳥)として 4月中旬に北海道本州四国地方九州地方屋久島で繁殖し,おもに低山下生えのよく茂る傾斜地や細い沢沿いに生息する。虫の声のような「しししししし」と終わりになるにつれ強くなる独特のさえずりをする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヤブサメ

ヒタキ科の鳥。翼長5.3cm。全体にオリーブ褐色でウグイスに似るが,尾が短い。東アジア北部で繁殖,冬季は中国南部から東南アジアへ渡る。日本へは夏鳥として屋久島以北へ渡来,平地から山地の森林にすむ。
→関連項目ツツドリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブサメ
やぶさめ / 藪雨
short-tailed bush warbler
[学]Cettia squameiceps

鳥綱スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科の鳥。ウグイスと同属で、羽色もウグイスに似て上面は暗褐色、下面は汚白色である。尾が短く、全長は10~11センチメートル。ウスリー地方、中国東北部、朝鮮半島、九州以北の日本で繁殖し、中国南部、インドシナ半島などに渡り越冬する。低山のやぶの多い林にすみ、シシシ……と聞こえる虫のような高い周波数の声でさえずる。地上の物陰のくぼみに木の枯れ葉などで巣をつくり、5、6卵を産む。やぶの中で昆虫などを捕食し、高い枝や明るい場所には出ないので、姿を見る機会は少ない。流鏑馬(やぶさめ)の矢羽の音とさえずりが似ているが、語源が関係するかは不明である。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤブサメの関連キーワード藪雨

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android