コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨハネ[パリ] Joannes; John of Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨハネ[パリ]
Joannes; John of Paris

[生]1255頃.パリ
[没]1306.9.22. ボルドー
フランスのドミニコ会士,哲学者。本名 Jean Quidort。パリ大学で教えたトミスト。 1286年いくつかの神学の命題を排斥された。主著『王と教皇の権力について』 De potestate regia et papali (1302頃) において2つの権力がともに神に由来しつつ相互に独立していること,公会議は教皇を廃位しうることを述べた。『決定』 Determinatio (04) では聖体を論じてルターに先駆する実体共存説を提出した。 (→トミズム )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android