コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランバート ランバート Lambert, John

6件 の用語解説(ランバートの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ランバート
ランバート
Lambert, John

[生]1619. ヨークシャーカートン
[没]1684.3. セントニコラス島
イギリス清教徒革命期の軍人,護国卿政権の中心人物清教徒革命勃発後,姻戚にあたる T.フェアファックス指揮下の議会軍に参加,戦功により昇進し,軍幹部の一員となった。 1648年の第2次内乱には北部軍司令官に任じられ,O.クロムウェルと協力してプレストンの戦いに国王派のスコットランド軍を破った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ランバート
ランバート
Rambert, Dame Marie

[生]1888.2.20. ワルシャワ
[没]1982.6.12. ロンドン
ポーランド生れのイギリスの舞踊家。本名 Cyvia Rambam。パリで J.ダルクローズ,E.チェケッティに学び,S.ディアギレフに招かれてリトミックを教えたのが縁で,バレエ・リュスコール・ド・バレエに入った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ランバート

ランベルトとも。ドイツの数学・物理・天文地図学者。1765年ベルリン科学アカデミー会員。16歳のときにすい星の軌道に関するランバートの定理を発見。数学ではランバート級数を発見,双曲線関数を導入。
→関連項目ランベルト図法

ランバート

輝度の単位。記号L。1Lは1/πスチルブに相当(スチルブ)。
→関連項目輝度ランバート

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ランバート【Johann Heinrich Lambert】

1728‐77
ドイツの数学者,天文学者物理学者,地図学者。ランベルトともいう。ミュルーズの貧しい洋服屋に生まれ,独学で数学,物理学を勉強。スイスの貴族の家庭教師となり,教え子とともにヨーロッパ各地を訪れ,知名な学者と交遊。1764年ベルリンに居を移し,翌65年ベルリン科学アカデミー正会員に選ばれた。それ以後はフリードリヒ2世から年金はじめ多くの恩恵を被り,学問に専心して多くの業績を上げた。彼の学問の特色は,世の中の実際的な問題を数学的に分析したことである。

ランバート【Marie Rambert】

1888‐1982
ポーランド生れのイギリスの女流舞踊家,バレエ団主宰者。ワルシャワで舞踊を,パリで医学を学んだ後,É.ジャック・ダルクローズについて〈リトミック〉をマスターする。ディアギレフの〈バレエ・リュッス〉に入り,ニジンスキーの助言者として《春の祭典》などの振付に協力する。その後ロンドンに渡り,1918年劇作家のA.デュークスと結婚。20年にバレエ学校を創立し,26年にはバレエ団を発足させ,これが後にイギリス現代バレエの中心となるランバート・バレエ団に発展する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のランバートの言及

【円周率】より

…現在では電子計算機の発達により100万桁以上でも容易に求められるようになった。πが無理数であることは1761年ランバートJ.H.Lambertにより証明されたが,さらに,1882年リンデマンC.L.F.Lindemannはπが超越数,すなわち整数を係数とする代数方程式の根とならない数であることを証明した。【中岡 稔】
【円周率の値の覚え方】
実用的な数値としては,3.14か,どんなに精密でも3.1416で十分であるが,πが無理数だということで,その有効数字を数多く知りたいという人が多い。…

【光吸収】より

…上式を積分し,x=0における入射光のエネルギーをE0とすれば,log(E0/E)=kd,またはEE0exp(-kx)の関係が得られる。この関係はドイツのランバートJohann Heinrich Lambert(1728‐77)が確立したもので,光の吸収に関するランバートの法則と呼ばれる。ここでxを試みに1/kとすれば,EE0/eとなり,すなわちエネルギーは初めのエネルギーE0の1/eとなる。…

【円周率】より

…現在では電子計算機の発達により100万桁以上でも容易に求められるようになった。πが無理数であることは1761年ランバートJ.H.Lambertにより証明されたが,さらに,1882年リンデマンC.L.F.Lindemannはπが超越数,すなわち整数を係数とする代数方程式の根とならない数であることを証明した。【中岡 稔】
【円周率の値の覚え方】
実用的な数値としては,3.14か,どんなに精密でも3.1416で十分であるが,πが無理数だということで,その有効数字を数多く知りたいという人が多い。…

【等面積投影法】より

…考案者の名J.H.ランバートをとりランベルト投影法Lambert projection,構造岩石学に初めて用いたW.シュミットの名をとりシュミット投影法Schmidt projectionということもある。三次元空間内の平面の向きや面相互の位置関係を平面上に表して解析するとき,設定される球面上での相互に等しい面積が,投影面上においても,位置によってゆがめられずに等しく表現されるように工夫された投影法。…

【光吸収】より

…上式を積分し,x=0における入射光のエネルギーをE0とすれば,log(E0/E)=kd,またはEE0exp(-kx)の関係が得られる。この関係はドイツのランバートJohann Heinrich Lambert(1728‐77)が確立したもので,光の吸収に関するランバートの法則と呼ばれる。ここでxを試みに1/kとすれば,EE0/eとなり,すなわちエネルギーは初めのエネルギーE0の1/eとなる。…

【ライプニッツ=ウォルフ学派】より

…前者に属するのは,ドイツの広範な読者層にウォルフ哲学を広げることに貢献したチューミヒLudwig Philipp Thümmig(1697‐1728),ビルフィンガーGeorg Bernhard Bilfinger(1693‐1750)やドイツ美学の創始者と目されるバウムガルテンおよびその弟子マイヤーGeorg Friedrich Meier(1718‐77)などであるが,とりわけバウムガルテンはウォルフによってほとんど扱われなかった美学の領域に関してウォルフの体系を補完した。後者に属する人々としてはライマールスHermann Samuel Reimarus(1694‐1768),M.メンデルスゾーン,J.H.ランバートなどが挙げられる。ランバートはウォルフ的合理論とロック的経験論の融和統一をはかった。…

※「ランバート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ランバートの関連キーワードアシュトンベストリスイギリスオランダ戦争チェビオットフリーランダーフォンテインマルコーワアングロ・アイリッシュド・バロア《生れの正しいイギリス人》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ランバートの関連情報