コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ロシェル(読み)ラロシェル

百科事典マイペディアの解説

ラ・ロシェル

フランス西部,シャラント・マリティーム県の県都ビスケー湾に臨む港湾都市。漁業のほか造船など鉄鋼,機械,化学工業が行われる。ヨット・ハーバーとしても有名。12世紀以降,フランスと英国が支配を争ったが,1372年にフランス領となってからは大幅な自治権を得た。しかし16世紀以降はプロテスタント勢力(ユグノー)の拠点となったため,フランス王権の激しい攻撃を受けた。1627年に降伏したが,市の発展は大きく妨げられた。7万7196人(2006)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラ・ロシェル
らろしぇる
La Rochelle

フランス西部、シャラント・マリティーム県の県都。人口7万6584(1999)。パリの南西466キロメートルにあり、ビスケー湾内のアンティオシュ湾に面する。港湾があり、漁業は衰退傾向にあるが、石油、木材などの輸入港ともなっている。造船、自動車、機械、食品、繊維、既製服などの工業が盛ん。司教座が置かれ、14~15世紀の鐘楼、サン・ルイ寺院(18世紀)、司教館(1773~77。現博物館)など古い歴史的建造物が多く、近くに海水浴場もあるため、観光地にもなっている。
 オーニス地方の中心都市で、1199年自治都市となり、ハンザ同盟都市などと交易を行う海港都市として発展した。百年戦争中はイギリス領となったが、市民が抵抗し、フランス王シャルル5世の拠点港となった。16世紀の宗教戦争の際は新教徒ユグノーの拠点となり、独立都市を宣言したが、1627~28年リシュリューに攻囲されて兵糧を断たれ、陥落した。
 その後、カナダとの貿易で栄えたが、1763年植民地を失い、ナポレオンの大陸封鎖もあり衰えた。[高橋伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラ・ロシェルの関連情報