コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルネサンス音楽 ルネサンスおんがく

3件 の用語解説(ルネサンス音楽の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルネサンスおんがく【ルネサンス音楽】

ヨーロッパの音楽史において,中世とバロックの間に位置する時代の音楽。具体的には15~16世紀の音楽を指す。その様式の基本はポリフォニー技法による均整美を目標としていることで,それには人文主義の思想が根底にあるものと考えられる。具体的な様式的特徴としては,円滑で自然な旋律の流れ,豊かで響きのよい和声,対位法による緻密な声部のからみ合い,均衡のとれた形式美,そして曲全体の構成にみられる安定感を挙げることができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルネサンス音楽
ルネサンスおんがく

西洋音楽史」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルネサンス音楽
るねさんすおんがく

ヨーロッパにおいて、15世紀前半ごろから16世紀末ごろまで展開された音楽の総称。各声部が独立した動きをみせ、全体として調和のとれた構成をもつ、ポリフォニー書法を主体とする音楽をいう。その多くは、全曲を通じて各声部間で模倣が行われてゆく、通模倣様式で書かれているが、各声部のリズムをそろえて進行させる、和音様式によるものも少なくない
 ルネサンス音楽は、14世紀フランス音楽の理論と形式、15世紀初頭のイギリス音楽の甘美な和音の響き、そして、イタリア音楽に伝統的な旋律の構成法などが総合され、1430年前後に生み出されてきたとされる。その成立に中心的な役割を果たしたのは、15世紀最大の作曲家ギヨーム・デュファイであった。とくに彼によって確立された循環ミサ曲の形は、ルネサンス時代を通じてミサ曲の基本となった。デュファイに続いて、今日の北フランスからベルギーにかけてのフランドル地方に優れた作曲家たちが次々と輩出する。その最初の世代のオケヘムは、デュファイの形式を受け継いで独自の要素を加え、次の世代の中心人物ジョスカン・デ・プレは、通模倣様式による音楽を確立して、16世紀の音楽の方向を決定づけた。ジョスカンが活躍した15世紀末から16世紀初めには、ほかにハインリヒ・イザーク、ピエール・ド・ラリュー、ヤコブ・オブレヒト、ロワゼ・コンペール、アレクサンデル・アグリコラなど、優れたフランドル人作曲家が多数活躍し、ヨーロッパ音楽界をリードしていった。フランドル人作曲家の指導的立場は16世紀を通じて維持されてゆき、アドリアン・ウィラールト、ヤコブ・アルカデルト、ニコラ・ゴンベール、チプリアーノ・デ・ローレ、フィリップ・デ・モンテ、オルランドゥス・ラッスス、ヤコブス・ド・ケルレなどが活躍した。これらフランドル人作曲家たちは、とくにミサ曲やモテトゥスなどの宗教作品において、他の地域の作曲家に模範を示したが、同時にシャンソンを中心とする多声世俗歌曲の分野にも、優れた作品を数多く残した。
 16世紀には、各地で独自の多声世俗歌曲が栄えた。フランスではクローダン・ド・セルミジやクレマン・ジャヌカンらによってフランドル・シャンソンとは異なる新しいフランス・シャンソンが栄え、イタリアにおいては、フランドル人によって築かれた基礎のもとに、ルカ・マレンツィオ、カルロ・ジェズアルド、モンテベルディらによってイタリア語によるマドリガーレが展開された。また、スペインではビリャンシーコ、ドイツではリート、イギリスではマドリガルやリュート歌曲が生み出されていった。一方、宗教曲の分野でも各地に優れた作曲家が現れ、フランドル人の影響を受けた音楽を書いていった。なかでも、イタリアのパレストリーナ、スペインのクリストバル・デ・モラレスやトマス・ルイス・デ・ビクトリア、イギリスのトマス・タリスやウィリアム・バードらは重要である。
 ルネサンスの音楽は声楽曲がそのほとんどを占めるが、この時代から舞曲を中心とする器楽合奏曲、あるいは弦楽器のリュートや鍵盤(けんばん)楽器のための独奏曲なども、いくつか書かれるようになった。[今谷和徳]
『F・ブルーメ著、和田旦・佐藤巌訳『ルネサンスとバロックの音楽』(1971・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルネサンス音楽の関連キーワード北ヨーロッパ西ヨーロッパ東ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ労連ヨーロッパ通貨機構ヨーロッパの火薬庫ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルネサンス音楽の関連情報