コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオンハルト レオンハルト Leonhardt, Gustav Maria

4件 の用語解説(レオンハルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオンハルト
レオンハルト
Leonhardt, Gustav Maria

[生]1928.5.30. ス=フラーフェラント
[没]2012.1.16. アムステルダム
オランダハープシコード奏者,音楽学者。生涯にわたって古楽一般を理解・解釈し,録音することに打ち込んだ。バロック時代の作曲家,特にヨハン・ゼバスチアン・バッハの音楽に傾倒した(→バロック音楽)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レオンハルト(Gustav Leonhardt)

[1928~2012]オランダのチェンバロ奏者・指揮者。1950年に、チェンバロバッハの「フーガの技法」を演奏してデビューパイプオルガンなどの演奏でも知られ、古楽演奏の第一人者として活躍した。アムステルダム音楽院で教授をつとめるなど、後進の育成にも尽力。1967年の映画「アンナ‐マグダレーナ‐バッハの日記」ではバッハを演じた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レオンハルト

オランダの鍵盤(けんばん)楽器奏者,指揮者,音楽学者。古楽の隆盛に主導的役割を果たした大家の一人。1947年−1950年スイスバーゼルスコラ・カントルムハープシコードオルガンを学び,1950年ヨハン・ゼバスティアン・バッハの《フーガの技法》をウィーンで演奏しハープシコード奏者としてデビュー。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レオンハルト
れおんはると
Gustav Leonhardt
(1928―2012)

オランダのチェンバロ(ハープシコード)、オルガン奏者、指揮者。ハーグ生まれ。スイスのバーゼルで学び、1950年ウィーンでデビュー。1955年アムステルダムに移り、アムステルダム音楽院の教授を務めつつ、同市の教会オルガン奏者も兼任。独奏、室内楽で活躍、フランス・ブリュッヘンらとともに、オランダが古楽器演奏と古い音楽の解釈法の面で指導的な位置を占めるまでにした。また1958年にはレオンハルト合奏団Leonhardt Consortを組織して指揮にあたり、古い演奏様式を可能な限り忠実に再構築した演奏を続けた。1967年のドイツ映画『アンナ・マグダレーナ・バッハの日記』Chronik Der Anna Magdalena Bachではバッハ役を演じた。楽譜の校訂や研究論文など、バロック音楽の演奏研究に連なる幅広い活動を行った。[美山良夫]
『佐々木節夫著『古楽の旗手たち――オリジナル楽器演奏のめざすもの』(2000・音楽之友社)』
「レオンハルト、アーノンクール指揮、レオンハルト合奏団他演奏『バッハ:カンタータ全集』全10巻・各CD6枚組(2001・ワーナーミュージック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レオンハルトの関連キーワードオランダ屋敷イギリスオランダ戦争オランダ渡りダッチチェンバーブラックチェンバーオランダの罠オランダ室内管弦楽団オランダの犯罪カフェ チェントペルチェント

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レオンハルトの関連情報