ロッキングチェア(読み)ろっきんぐちぇあ(英語表記)rocking chair

翻訳|rocking chair

日本大百科全書(ニッポニカ)「ロッキングチェア」の解説

ロッキングチェア
ろっきんぐちぇあ
rocking chair

休息用椅子(いす)の一種。の下に反りのついた弧形の木がついていて、前後に揺り動かすことができるようになったものをいう。曲木(まげき)はこの形をつくるのに適しているため、曲木椅子にロッキングチェアの傑作が多い。休息姿勢のままで静かに揺れると安楽さが増して快適なため、欧米では広く普及している。しかし部屋が広くないと台木がじゃまになって使いにくい。

[小原二郎]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

家とインテリアの用語がわかる辞典「ロッキングチェア」の解説

ロッキングチェア【rocking chair】

脚の下にゆるやかにカーブした台を取り付け、前後に揺り動かすことができる休息用の椅子(いす)。1760年代にアメリカの政治家ベンジャミン・フランクリンが考案したとされ、イギリス・アメリカで流行した。◇「揺り椅子」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ロッキングチェア」の解説

ロッキングチェア
rocking chair

休息用の揺り椅子。前脚と後脚弓形に曲げたそり状の材でつないだもの。アメリカのニューイングランド地方が発祥地。 19世紀以後,欧米諸国に流行し,居間などで使われている。セーレムタイプとボストンタイプがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「ロッキングチェア」の解説

ロッキング‐チェア

〘名〙 (rocking chair) 揺り椅子(いす)
※永日小品(1909)〈夏目漱石〉過去の匂ひ「立派な安楽椅子とロッキング・チェアがへ附けてある上に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ロッキングチェア」の解説

ロッキング‐チェア(rocking chair)

脚の下部を弓形につなぎ、前後に揺り動かせるようにしたいす。揺りいす。
[類語]腰掛け椅子ベンチソファー座椅子回転椅子揺り椅子ひじ掛け椅子安楽椅子長椅子寝椅子床几しょうぎ縁台・丸椅子・止まり木デッキチェアスツールカウチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android