コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッキングチェア ロッキングチェア rocking chair

翻訳|rocking chair

5件 の用語解説(ロッキングチェアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッキングチェア
ロッキングチェア
rocking chair

休息用の揺り椅子。前脚と後脚を弓形に曲げたそり状の材でつないだもの。アメリカニューイングランド地方が発祥地。 19世紀以後,欧米諸国に流行し,居間などで使われている。セーレムタイプボストンタイプがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロッキング‐チェア(rocking chair)

脚の下部を弓形につなぎ、前後に揺り動かせるようにしたいす。揺りいす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ロッキングチェア【rocking chair】

揺り椅子。脚の下に弓形の底木のある椅子。座って前後にゆり動かせる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ロッキングチェア【rocking chair】

脚の下にゆるやかにカーブした台を取り付け、前後に揺り動かすことができる休息用の椅子(いす)。1760年代にアメリカの政治家ベンジャミン・フランクリンが考案したとされ、イギリス・アメリカで流行した。◇「揺り椅子」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロッキングチェア
ろっきんぐちぇあ
rocking chair

休息用椅子(いす)の一種。脚の下に反りのついた弧形の台木がついていて、前後に揺り動かすことができるようになったものをいう。曲木(まげき)はこの形をつくるのに適しているため、曲木椅子にロッキングチェアの傑作が多い。休息姿勢のままで静かに揺れると安楽さが増して快適なため、欧米では広く普及している。しかし部屋が広くないと台木がじゃまになって使いにくい。[小原二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロッキングチェアの関連キーワード形削り盤送り装置緩びエアダムスカート懸盤カフェカーテンウェーブシーカー河よりも長くゆるやかにセレニテまぐさ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロッキングチェアの関連情報