コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローガン[山] ローガン

2件 の用語解説(ローガン[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ローガン[山]【ローガン】

カナダのユーコン・テリトリー南西端,米国のアラスカ州との国境付近にあるカナダ最高峰。標高5959m。セント・エライアス山脈に属し,巨大な氷河がある。1925年初登頂。
→関連項目カナダセント・エライアス[山脈]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ローガン[山]【Mount Logan】

カナダ,ユーコン・テリトリーにあるカナダ最高峰。標高6050mで,北アメリカ大陸ではアラスカマッキンリー山に次ぐ高山である。セント・エライアス山脈中の最高峰で,巨大な山岳氷河におおわれる。1925年,A.H.マッカーシーとH.F.ランバートによって初登頂された。付近一帯はクルーエーンKluane国立公園に指定され,野生動物の宝庫となっている。【正井 泰夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のローガン[山]の言及

【セント・エライアス[山脈]】より

…カナダとアメリカ合衆国(アラスカ州)との国境地帯南西部,太平洋岸沿いを400kmにわたって走る山脈。北アメリカ第2,カナダ第1の高さのローガン山(6050m),セント・エライアス山(5489m)をはじめとする高峰があり,マラスピーナなどの大氷河はヒマラヤのそれに比肩する。セント・エライアス山は1897年にイタリアのアブルッツィ公が初登頂。…

※「ローガン[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone