ワイアット(読み)わいあっと(英語表記)John Wyatt

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワイアット(John Wyatt)
わいあっと
John Wyatt
(1700―1766)

イギリスの発明家。L・ポールに協力して発明した紡績機で知られる。スタッフォードシャーのリッチフィールド付近で生まれる。大工の修業をしたのち、バーミンガムで金属加工業に従事、やすり製造器具、大砲の穿孔(せんこう)機などを考案した。1732年から1746年までポールに協力して紡績機の開発、製作にあたり、一時、バーミンガムで紡績工場の経営も担当したが、事業は成功しなかった。紡績機の発明における両者の役割については諸説があるが、基本的着想はポール、細部の仕上げはワイアットとするのが至当である。紡績業から離れたのちもバーミンガムに居住、各種の発明、考案があるが、車両の重量測定用の大型計量器は有名である。[水野五郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワイアットの関連情報