コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万灯会 マンドウエ

世界大百科事典 第2版の解説

まんどうえ【万灯会】

1万坏あるいはそれに準ずる多くの灯明をともして,仏・神を供養する法会。単に万灯ともいわれる。繁栄安穏を祈り,懺悔滅罪のために個人あるいは国家などが行ったもので,万灯会に対して千灯会といわれる法会も行われた。日本では651年(白雉2)味経(あじふ)宮で2700余の灯を燃やしたという《日本書紀》孝徳天皇条の記載が初見で,744年(天平16)に東大寺の前身である金鐘寺で1万坏の燃灯供養を行った例が最も古い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

万灯会
まんどうえ

1万坏(はい)あるいはそれに準ずる多くの灯明を燃(も)して仏神を供養する法会。単に万灯ともいう。万灯会に対して千灯会といわれるものもあった。日本では651年(白雉2)味経(あじふ)宮で2700余の灯を燃し、僧尼をして読経せしめたが、744年(天平16)12月に東大寺の前身金鐘(こんしょう)寺で1万坏の燃灯供養を行ったのが万灯会の初例である。光仁(こうにん)天皇の皇女酒人内親王は、生前東大寺で万灯会を行い、平安時代になると東大寺では年中行事として毎年12月に大仏殿で行われた。薬師寺では878年(元慶2)に没した慧達(えたつ)により万灯会が創始されてから毎年3月に、飛鳥(あすか)元興寺(がんごうじ)では毎年10月に行われた。また高野山(こうやさん)では832年(天長9)に空海により始められ、京都の諸寺でも盛んに行われるに至った。たとえば908年(延喜8)10月の極楽(ごくらく)寺の万灯会、1006年(寛弘3)10月の藤原道長による法興(ほうこう)院の万灯会、1023年(治安3)3月の法成(ほうじょう)寺の万灯会などや、四天王寺、中尊寺、北野天満宮などでも行われた。『阿闍世王受決経(あじゃせおうじゅけつきょう)』には長者の万灯よりも貧者の一灯の献灯を強調しているが、室町時代後期ころからは広く庶民に一灯の献灯を勧進(かんじん)して万灯会が行われるに至った。[堀池春峰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

万灯会の関連キーワード薬師寺(奈良市)うらみのすけ恨之介慧達

万灯会の関連情報