コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三富[村] みとみ

世界大百科事典 第2版の解説

みとみ【三富[村]】

山梨県北部,東山梨郡の村。人口1448(1995)。笛吹川上流域を占め,国道140号線(秩父往還)が通じる。村域の大部分が山林で,耕地は急傾斜地にあっておもに桑園に利用されてきたが,近年はブドウなどの果樹生産や花卉栽培へ移行した。また観光と結びついたイノブタ飼育やシイタケシメジの栽培が行われる。北部山岳地帯は秩父多摩国立公園に指定され,笛吹川上流の西沢渓谷や広瀬ダム,奥秩父ハイキングコースの乾徳(けんとく)山がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三富[村]の関連キーワード乾徳

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android