コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三峰川 みぶがわ

4件 の用語解説(三峰川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三峰川
みぶがわ

長野県南東部を流れる川。天竜川の支流。全長 60km。赤石山脈仙丈ヶ岳に発して南流するが,伊那市南部の樺山北方で向きを変えて北流,高遠で藤沢川を合わせて西流し,中心市街地の南方で天竜川に合する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みぶ‐がわ〔‐がは〕【三峰川】

長野県中央南部を流れる川。天竜川最大の支流。赤石山脈仙丈(せんじょう)ヶ岳南西斜面に源を発し南流し、荒川を合わせてほぼフォッサマグナに沿って北流。さらに西に転じて伊那山地を横切り伊那市の南で天竜川に合流する。長さ57キロ。伊那山地から駿河に抜ける重要な交通路の一つだった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みぶがわ【三峰川】

天竜川の支流。幹川流路延長73km。長野・静岡県境をなす赤石山脈の仙丈ヶ岳および塩見岳付近に源を発し,長野県伊那市で天竜川に合流する。最上流部は地質構造にしたがって南流したあと北流し,市野瀬から中央構造線に沿ってさらに北流する。途中で山室川や藤沢川を合流して高遠(たかとお)付近から西流に転じ,広い扇状地を形成しつつ伊那市南部で天竜川に合する。上流域の長谷村のうち中央構造線の谷へ流入するまでは外帯を流れ,古生層や中生層を下刻するため浸食谷を形成し,山地崩壊とそれに伴う林野荒廃もみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三峰川
みぶがわ

長野・山梨・静岡県境の赤石山脈に発し、赤石構造谷を北流して長野県伊那(いな)市高遠(たかとお)町地区で山室川、藤沢川と合流したのち、西折して伊那山地を横切り、伊那市東春近(ひがしはるちか)で天竜川に注ぐ。延長約70キロメートル。流路は複雑で、本流は塩見岳に発し、仙丈ヶ岳に発する戸台川や小黒(おぐろ)川などと合流する。荒れ川で1952年(昭和27)から三峰川総合開発が進められ、県営の多目的の高遠、美和両ダムがつくられ、周辺は三峰川水系県立自然公園になっている。上流部はヒノキ、モミ、サワラなどが多く、近世には木地屋(きじや)が点在していた。また平家の落人(おちゅうど)集落といわれる隔絶集落もある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三峰川の関連キーワード魚野川雨竜川江合川重信川須川中津川姫川長野県下伊那郡天龍村長野県下伊那郡泰阜村春野〈町〉

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三峰川の関連情報