三木 露風(読み)ミキ ロフウ

20世紀日本人名事典の解説

三木 露風
ミキ ロフウ

明治〜昭和期の詩人



生年
明治22(1889)年6月23日

没年
昭和39(1964)年12月29日

出生地
兵庫県損西郡龍野町(現・龍野市)

本名
三木

別名
別号=羅風

学歴〔年〕
早稲田大学中退,慶応義塾大学文学部〔明治44年〕中退

主な受賞名〔年〕
龍野市名誉市民〔昭和33年〕,勲四等瑞宝章〔昭和40年〕

経歴
中学時代から同人誌で活躍し、3年の時詩歌集「夏姫」を自費出版。早大在学中の明治42年第二詩集「廃園」を刊行、以後、冥想的、神秘的な象徴詩人として北原白秋と並び称された。大正9〜13年まで北海道トラピスト修道院で生活を送り、熱烈なカトリック詩を残す。他の詩集に「寂しき曙」「白き手の猟人」「幻の田園」「信仰の曙」「神と人」など。童謡「赤とんぼ」の作詞家としても有名。「三木露風全集」(全3巻 同全集刊行会)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

三木 露風 (みき ろふう)

生年月日:1889年6月23日
明治時代-昭和時代の詩人
1964年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三木 露風の関連情報