コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三潴[町] みづま

百科事典マイペディアの解説

三潴[町]【みづま】

福岡県南西部,三潴郡の旧町。筑紫(つくし)平野の中部にあり,代表的な水田地帯。機械化が早くから行われ,イチゴ,タマネギ花卉(かき)も産し,畜産が盛ん。酒造も行う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みづま【三潴[町]】

福岡県南西部,三潴郡の町。人口1万5406(1995)。筑紫平野中央部に位置する。古代にはこの一帯は〈水沼(みぬま)の県(あがた)〉といわれており,中世には宝荘厳院領三潴荘に含まれていた。近世には久留米藩領であった。主産業は農業で,米作養鶏養豚が行われ,鶏卵の生産が多い。花卉,イチゴの栽培も盛ん。庭園用のは,〈みづま松〉として全国に出荷されている。中央部を西鉄大牟田線が南北に貫き,交通の便がよいため,近年久留米市,大牟田市などのベッドタウン化が進んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

三潴[町]の関連キーワードつくし平野筑紫

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android